アーティスト・チャンネル ARTIST CHANNEL

内なる歌 Inner Song

サブリナ・ホーラク Sabrina Horak Sabrina Horak

現在、作品の中では主に自分自身を描いています。
その理由は、宗教、女性性、日本とオーストリアのハーフであること、アーティストであることなど、様々な要素に分解可能な自身のアイデンティティについてじっくりと調べているためです。私にはこれらの要素は全く別の、相容れないかけらたちのように感じられます。別々のレイヤーや素材を一つの作品に融合させるという私の作業過程は、自分の中のそれらの断片をどう統合しようとしているかを反映するものだと思っています。

In my current works, I am mainly depicting myself. The reason is that I am examining my identity, which can be broken down into various elements, such as religion, womanhood, my half-Japanese, half-Austrian heritage, and being an artist. These elements feel like very different and often incompatible fragments to me, and I think my work process of fusing separate layers and materials in one single work is a reflection of how I am trying to unite all those fragments inside myself.

SHARE

その他の作品Other Works

後来史 興亡学 Future History, Study of Rise and Fall

「かつて、こんな時代がありました。」 そう語られる時が、今の世にもいずれ訪れる。 “Once upon a time, there was an era like that.” The story of the present will be told someday in

藤森 哲 Satoshi FUJIMORI Satoshi FUJIMORI

作品番号 017 Opus number 017

At this point, 2023 At this point, 2023

知人が亡くなった。 知人には息子がいた。 親子の縁は生涯続くが、それぞ An acquaintance passed away. The acquaintance had a son. The bond between parent and child lasts

人見 将 Masaru Hitomi Masaru Hitomi

作品番号 092 Opus number 092

光 、花の姿 Light, Flower Figure

私は、中之条に滞在して、気になった言葉があります。 光 時間 景色 湯 温 故 There are words that caught my attention during my stay in Nakanojo. Light, time, scenery,

福田 良亮 Ryosuke Fukuda Ryosuke Fukuda

作品番号 105 Opus number 105

セザンヌを名乗る犬 The Dog Who Calls Himself Cézanne

黒幕 Kuromaku Kuromaku

セザンヌは喋る犬です。ある日玄関で物音がするので開けてみると彼がいました。 セザンヌが犬として目覚めたとき、その前の日にプロヴァンスの教会で日... Cézanne is a talking dog. One day I heard a noise at the front door and opened it to find him. When Cézanne woke up as a dog, he said he barely remembered go...

ジャッジアおばさん Aunt Jadzia

エリザ・ピオトロヴスカ Eliza Piotrowska Eliza Piotrowska

私の文学的関心は、大人と子供のコミュニケーションにあります。従来の辞書へのアクセスが限られているため、子供による情報の創造、新しい「素朴な」言葉の形成は、... The area of my literary interests concerns the communication of an adult with a child. Creating information by a child, new, “naive” word formation, resultin...

電燈句 Moonlight Score

小山 真徳 Masayoshi Koyama Masayoshi Koyama

杉木立に囲まれた神社の境内。夕暮れのうす暗い木々の狭間に、毎日ひとつの言葉が煌煌と浮かびあがる。 その姿は文字が光る大きな絵馬をおもわせるが、... The precincts of a shrine surrounded by cedar trees. Every day, a set of words emerges brilliantly among the dark trees in the dusk. Those words emerge unexp...

さしがさばなとチェンバロの白い蛹(サナギ) Umbrella Flowers and Harpsichord in a White Pupa

半谷 学 Manabu Hangai Manabu Hangai

不要になって廃棄された傘から蘇った「さしがさばな」と蛹のような白くて硬い殻で作られた音の鳴らない古楽器の「チェンバロ」のある静かな作品です。10 月 8... This is a quiet work with “Umbrella Flowers” revived from unwanted and discarded umbrellas and a harpsichord, an ancient musical instrument made of a hard, w...

くじびきドローイング ことばがひらく世界 Kujibiki Drawing Language Opens the World

乾 久子 Hisako Inui Hisako Inui

くじを引いて絵を描いて誰かとつながるくじびきドローイングにはお絵かきワークショップにとどまらない何かがある。 社会の今とつながっているし、人の... There is something more to Kujibiki Drawing than just a simple drawing workshop. It is connected to the present society and the depths of people’s hearts. It...

かんき KANKI

サンフラワー Sunflower Sunflower

皆さんの創作活動に取り組んでいる表情は、真剣な顔、嬉しそうな顔、楽しそうな顔、「かんき」そのものです。 表現する喜びを作品に込めましたので、ど... The expressions on your faces as you work on your creations are serious, happy, joyful, and “KANKI” itself. We have put the joy of expression into our work,...

色つきの花 Colored Flower

鈴木 典生 Norio Suzuki Norio Suzuki

旧五反田学校 全長二十七間 (50.9m) 校舎の一角から同じ距離(50.9m)を逆円錐形の色とりどりの石の花を一直線上に等間隔に並べてみる。... The former Gotanda School has a total length of 27 ken (50.9m). Using that distance (50.9m), from one corner of the school building, I arranged a strai...

景色を生む Create the Scenery

関 美来 Mirai Seki Mirai Seki

嵩山の山道を歩いていると、地上から見上げているだけでは気づけなかった自然界の美しさに出会った。 私たちが慣れ親しんでいると思っている光景は、関... While walking along the mountain paths of Mt. Takeyama, one encounters the beauty of the natural world that might have gone unnoticed if they only looked up...

消えゆく土地の記憶 Disappearing Memories of the Land

山形 敦子 Atsuko Yamagata Atsuko Yamagata

中之条町には口承でしか残されていない地名がたくさんあり、市町村合併や人口減少、世代交代や生活様式の変化によりその地名は失われつつあります。 平... Nakanojo Town has many area names that have been preserved only through oral tradition. Unfortunately, these names are being lost due to various factors, suc...

車輪の下 Beneath the Wheel

室井 悠輔 Yusuke Muroi Yusuke Muroi

ここで昔の記憶を掬い上げるようなことをしても、この建物を語れる権利が得られるとは限らない。 廃墟のような今の姿が、この建物の最先端ともいえるだ... Even if I try to scoop up the memories of this building here, it does not necessarily give me the right to talk about this building. The building’s cur...

騒いだり、発酵したり Parrandón y Fermento

アキレス・ハッジス Aquiles Hadjis Aquiles Hadjis

音と音が混ざり合って汚くなる可能性のある空間。 耳を傾けるということが、あなたの聞いている音をどのように形作っているのかを、じっくりと確認でき... A space where sounds have a chance to mingle and get dirty with other sounds. A place where you can take your time to see how listening shapes the sounds you...

バイオスフィア Biosphere

船井 美佐 Misa Funai Misa Funai

花のまち中之条を象徴する中之条ガーデンズ。そのガーデンの中心にあるホールで、植物と人のつながりが交流する空間を作ります。二次元と三次元が交差し鑑賞者は作品... Nakanojo Gardens symbolizes Nakanojo, the city of flowers. In the hall at the center of the gardens, I will create a space where the connection between...

師部 - 時の破片 Phloem - Pieces of Times

サハ・コーエン Sarah Cohen Sarah Cohen

師部は植物の樹液を通す組織です。映像の中で紙は濡れ、燃える動きは野菜や血管の流れのように見えます。紙切れたちを並べれば、空想の地図という領土の断片になりま... The phloem is the sap-conducting tissue of a plant. In the video, some sheets of paper being wet, the burning movement appears as a vascular and vegeta...

マイクロ・ルーラリズム Micro Ruralism

ロジャー・ウィリアムズ大学+レバニーズ・アメリカン大学 Roger Williams University + Lebanese American University Roger Williams University + Lebanese American University

このプロジェクトでは、アメリカとレバノンの大学生に、建築の再利用という視点で、中之条の将来の可能性を想像してもらいました。グローバル化が進む中、単なる外的... In this project, architecture students in the US and Lebanon imagined the possible futures of Nakanojo with feedback from the local participants. As globaliz...

関さんを探せ!- イサマムラ関会館 - Find Seki-san! - Isamamura Seki Kaikan-

矢作 隆一 Ryuichi Yahagi Ryuichi Yahagi

ソーシャルメディアなどで人との繋がりを可視し、他人の行動やコミュニケーションをパソコンからの覗き見することが当たり前になった今、隣近所に住んでいる人と人と... In actuality, it has become commonplace to visualize connections between people through social media, and to peek at other people’s actions and communication...

eggs eggs

ダニエル・ヘイズ東京 Daniel Heys Tokyo Daniel Heys Tokyo

あたたかくて やわらかいところからきた。 内包する 始まりの予感。 満ち満ちて 溢れる。 転がる。... It came from somewhere warm. Somewhere soft. With the feeling of beginning within. It fills and overflows. Rolling. The beginnings a...

Branches Branches

マスミ・サイトウ + ガイ・ウィグモア Masumi Saito + Guy Wigmore Masumi Saito + Guy Wigmore

過去の些細な決断や出会いが互いにどう影響し合い今の人生が築かれてきたのか。土地や環境を変え、それぞれの社会がどのように私たちの価値観を形成していくのか。す... “Branches,” asks how our lives could differ based on a single decision or encounter. Drawing on Masumi’s experience as a minority and immigrant to the UK, we...

内なる歌 Inner Song

サブリナ・ホーラク Sabrina Horak Sabrina Horak

現在、作品の中では主に自分自身を描いています。 その理由は、宗教、女性性、日本とオーストリアのハーフであること、アーティストであることなど、様... In my current works, I am mainly depicting myself. The reason is that I am examining my identity, which can be broken down into various elements, such as rel...

鏡界の鳥居 Torii in the Mirror World

渡邉 辰吾 Shingo Watanabe Shingo Watanabe

時の経過と共に変わり続ける先人たちのカタチ きづく事から距離を置き続ける私たちの在り方は 眼前に存在する本質や境界をも見えづらくす... The shapes of our predecessors continue to change with the passage of time. The way we continue to distance ourselves from noticing, makes it difficult to se...

笑顔いっぱい楽しい時間 Fun Time With Lots of Smiles

なかんじょアートミーティング Nakanjo Art Meeting Nakanjo Art Meeting

なかんじょアートミーティングは知的障がいのある人たちが、月に一度、伊参公民館でアート活動をしている団体です。 作品は和紙や画用紙、木片などに墨... Nakanjo Art Meeting is a group of people with intellectual disabilities who do art activities once a month at the Isama Community Center. The works are drawn...

カラコアの旅 : 過去から現在 Karakoa Journeys: From Past to Present

マーヴィー・プエブロ Mervy Pueblo Mervy Pueblo

このインスタレーション・アート・プロジェクトは、海外のフィリピン人労働者(OFW)がもたらした現代的な快適さと心のこもったパサルポン(おみやげ)のメタファ... This installation art project uses packaging materials as a metaphor for the modern comforts and heartfelt pasalubong (souvenir) brought by overseas Filipino...

呼吸する中之条 Breathing Nakanojo

藤村 憲之 Noriyuki Fujimura Noriyuki Fujimura

作品の本体は人々の呼吸そのものです。私が作品を通じて行ったのは生体情報である呼吸の拡大と翻訳でした。ビエンナーレの参加作家や中之条の人々のインタビューを通... The body of artwork is the breath of people themselves. What I have done with artwork is magnification and translation of biological information. I captured...

山の風景 2023 Mountain Landscape 2023

山形 敦子 Atsuko Yamagata Atsuko Yamagata

吾妻郡に移住して以来、山が身近になり、山々から人間味のようなものを感じるようになった。 東吾妻町から中之条の山々を見た風景から始まり、榛名湖ア... Since moving to Agatsuma in Gunma Prefecture, I have become more familiar with the mountains and have come to feel a kind of human touch from them. Fir...

あの時、一緒にいられたら。2020-2023 The World Turned Upside Down: If We Could Be Together Then. 2020-2023

中村Mather 美香 Mika Nakamura-Mather Mika Nakamura-Mather

コロナ禍では、世界中の人たちが大切な人たちと会えない日々を過ごした。本来なら、誰かと共有したかった、大切な人と過ごしかった日常があった。そんな日常の一コマ... During the pandemic, people were unable to meet with their loved ones, share their daily lives or spend time together at important moments. But they still re...

時層を綴る Sew Layers of Time

嘉 春佳 Haruka Yoshi Haruka Yoshi

過去の記憶をたどる時、誰かのことを思い出す時、着ていた衣服を覚えていることがある。生活する中で何気なく着ている衣服には、それぞれの生活の記憶や物語が刻まれ... When we look back on our memories of departed days or recall someone, we sometimes remember the clothes we wore. The clothes we wear casually in our daily li...

内なる家 Inner Home

山口 信哉 Nobuya Yamaguchi Nobuya Yamaguchi

私たちは感覚で認識される現実を観察し、目に見えるものと関連付けることに慣れていますが、情報の流入により、目に見えない空虚な空間を観察することができません。... We are accustomed to observing and correlating reality perceived by our senses with what we see, but the influx of information prevents us from observing the...

バックプロジェクト Bag / Back Project

伊勢町睦会×吾妻中央高校×西岳拡貴 Isemachi-Mutsumikai × Agatsuma Chuo High School × Hiroki Nishitake Isemachi-Mutsumikai × Agatsuma Chuo High School × Hiroki Nishitake

商店街のバッグ製作をきっかけに 2022 年から始まった伊勢町睦会×吾妻中央高校×西岳拡貴によるプロジェクト。吾妻中央高校環境工学研究部の学生が『測量』と... This is a project by Isemachi Mutsumikai, Agatsuma Chuo HighSchool, and Hiroki Nishitake, which began in 2022 with the creation of shopping street bags. Stud...

はじめまして、なかのじょう。 Nice to meet you, NAKANOJO.

いちろとちひろ Ichiro and Chihiro Ichiro and Chihiro

はじめての地に触れるという体験は、人と出会い関係を築いていく様と似ている。 本作品では、中之条という地を人格として捉え直すことで、この土地の新... Experiencing new places is similar to meeting and getting to know new people. In this work, we attempted to capture new aspects of Nakanojo and touch on its...

NIKU NIKU NIKU NIKU

CLEMOMO クレモモ CLEMOMO

私たちは肉です。... We are meat....

Naive Material Gradation Naive Material Gradation

山本 純子 Junko Yamamoto Junko Yamamoto

1950 年以降盲目に大量生産されてきたプラスチックの総量は、 スカイツリー 23 万棟分に相当する。 99%は半永久的に分解しない石油化学製... Plastic – a cheap, ubiquitous, petrochemical product heroically advanced modern society in the 20C at the price of the planet, the entire ecosystem, an...

叙景 In View of Our Life

半澤 友美 Tomomi Hanzawa Tomomi Hanzawa

中之条町ではかつて養蚕業が盛んに行われていた。 その名残が町に残る桑の木から感じられる。桑畑は少なくなってしまったが、桑の木はまだあちこちに残... In the past, the sericulture industry was active in Nakanojo town. There used to be many mulberry fields. The mulberry trees in the town remind us of the pas...

跳ね返り Rebounding

松田 啓佑 Keisuke Matsuda Keisuke Matsuda

自分の意識と実際絵を描くことの順番を無くした作品を作ろうとしています。 それは最終的にいつも目の前の現実に立ち返ることでできるような気がしてい... I am trying to create a work that eliminates the order between my consciousness and execution. I feel that I can do this by always returning to the reality t...

巡るもの 2023 Circulation 2023

齋木 三男 Mitsuo Saiki Mitsuo Saiki

中之条のシンボル、霊山嵩山に鳥居を作りたい。 長さ 3m の御影石の笠木を両脇に植樹した木が柱となり、やがて石を支える。 というの... I want to make a torii gate at Reizan Takeyama, the symbol of Nakanojo. Trees planted on both sides of the 3m-long granite coping serve as pillars, which wil...

Text D Text D

ナ゛ヴ DUV DUV

よくわからない凄みを『雰囲気の向こう側』という名称で概念化し、それらから放たれる『パロール』を研究している美術家ミナミリョウヘイと、境界をはみ出し“美しい... The unit “DUV” is composed of artist Ryohei Minami, who conceptualizes the unfamiliar awesomeness under the name “The Other Side of Atmosphere” and re...

ミッド・ジャーキー 〜干し肉とアートのあいだで〜 Mid Jerky - Between Jerky and Arts -

森 健太郎 Kentaro Mori Kentaro Mori

干し肉となま肉の間はどこにあるのでしょうか。 ただの“もの”から食べ物に変容する、その境目はどこにあるのでしょうか。現代では干し肉を作ることは... Where is the line between Jerky and raw meat? Where is the boundary between the transformation of “objects” into food? We don’t make dried meat today, but th...

轟々と流れる Roaring and Flowing

春田 美咲 Misaki Haruta Misaki Haruta

二年前滞在中、何度か豪雨に襲われた。 雷が頭上で大きく鳴りひびいたあと、大粒の雨が広大な大地を叩きつけた。 周りには障害物もなく、... During my stay two years ago, I was hit by heavy rain several times. After the thunder roared loudly overhead, large drops of rain hit the vast earth. There...

The Sun The Sun

福島 陽子 Yoko Fukushima Yoko Fukushima

今回の作品は、今までの中之条での創作経験を総括したものとなっています。時とともに塩の結晶が上昇する姿は、重力に反するベクトルを可視化したものです。自然観察... This year’s work sums up my creative experience so far in Nakanojo. The rising salt crystals over time visualize a vector that opposes gravity. From observin...

共同の食卓 The Common Table

ティモ・ライト Timo Wright Timo Wright

少し前に友人から「フィンランドの伝統的な食べ物は何ですか?」と聞かれ、私は答えられませんでした。グローバル化とデジタル化がもたらす多くの影響の一つに、伝統... A friend asked me a while ago: What are the traditional foods of Finland? I didn’t have an answer. Of the many effects of global- ization and digitaliz...

醸しの間 Brewing Room

鹿野 裕介 Yusuke Shikano Yusuke Shikano

酒を愛する者にとって、酒蔵で作品を作り展示することは名誉なことであるが、そこの酒を呑めないという悲しいジレンマがここにはある。 酒を作るという... As a person who loves drinking sake, it is an honor to create and exhibit my work in a sake brewery. However, it is a sad dilemma of not being able to drink...

しかももとの水にはあらず Of the Flowing River the Flood Ever Changeth

城戸 みゆき Miyuki Kido Miyuki Kido

何度となく通った中之条の記憶にはいつも水の流 れる音が響いている。何かを思い出そうとする時 にそのもののイメージが濃くなったり薄く... The sound of flowing water always echoes in my memories of Nakanojo, which I have passed through many times. When I try to remember something, the image of t...

旅の神様を追って Chasing Road Spirit

セキ・イコネン Seki Ikonen Seki Ikonen

出発点は、数年前に大阪の国立民族学博物館で出会った道祖神。木片の一部が削られて墨で顔が入れてあり、素朴だが魅力的で、制作は中之条町 1978 年。... Our collaboration started with a wooden Dōsojin, a road spirit encountered in a museum in Osaka. Exploring both Dōsojin’s historical role and contempor...

トーテム TOTEM

クリスティアン・ボッフェッリ Cristian Boffelli Cristian Boffelli

ネイティブ・アメリカン文明に遡るトーテムは、社会的な記憶として作られたものである。 中之条での私のプロジェクトは、歴史的な過去の証である古いも... One of the explanations given to justify the construction of totems, cult objects dating back to Native American civilization, is that of social memory. My p...

茶の話〈旧梅月〉 Tea Talks

村上 郁 MURAKAMI Kaoru MURAKAMI Kaoru

中之条は緑茶の大規模生産地の北限外にも関わらず闘茶の風習が唯一残っている地である。 しかしその起源は定かではなく、人の意思によって中之条に持ちこまれ伝えら... Despite Nakanojo being located outside the northern limits of large-scale green tea production areas, the custom of Tōcha, a tea-tasting contest, continues t...

底から見上げる水平に見下ろす Look Up From the Bottom and Look Down Horizontal

桑山 彰彦 Akihiko Kuwayama Akihiko Kuwayama

1. 飛行機の窓から見下ろした砂漠を縦断する真夜中の国境線。煌々と照らされ、始まりも終わりも見えないその巨大さとそこまでの距離感を想像したら全身が粟立った... 1. It was the border line across the desert, viewed from a plane window at midnight. My whole body got goosebumps when I imagined its enormity and its distan...

遠くで星が燃える A Star Burns in the Distance

大野 光一 Kouichi Ohno Kouichi Ohno

私は人の顔をモチーフに絵画を制作しています。 現代社会では社会生活を円滑に過ごすために常に顔を整え、感情もオブラートに包んで表現する。... I create paintings using the human face as a motif. In today’s society, people always keep their faces in shape and express their emotions in an oblique mann...

後来史 興亡学 Future History, Study of Rise and Fall

藤森 哲 Satoshi FUJIMORI Satoshi FUJIMORI

「かつて、こんな時代がありました。」 そう語られる時が、今の世にもいずれ訪れる。 嵩山に安置された観音像はその歴史と共に風化し、再... “Once upon a time, there was an era like that.” The story of the present will be told someday in such a way. In Takeyama, stat- ues of the Goddess of M...

山のある生活 Life Amongst Mountains

松永 直 Nao Matsunaga Nao Matsunaga

何かが無い時にその存在に気がつく。ロンドン、英国南西部には山がありません。 平らな土地・風景で育まれた文化・民俗感と、山々に囲まれて育まれた文... When something is absent, one notices its presence. There are no mountains in London and southeast England where I have resided for nearly 30 years. Th...

かつては少年であり、少女だった Once a Boy, Once a Girl

大貫 仁美 Hitomi Oonuki Hitomi Oonuki

私は「傷」を装飾し「美」に転じさせる金継ぎの思想から着想を得て、ガラスを素材とした衣服を制作しています。私たちは自らの傷を衣服のうちに覆い隠し、もしくは美... Inspired by the idea of Kintsugi, which decorates “wounds” and transforms them into “beauty,” I create clothes using glass as a material. We cover our wounds...

グレックラー Glöckler

アニタ・ガラツツァ Anita Gratzer Anita Gratzer

アニタ・ガラツツァは、故郷のオーストリア、ザルツカンマーグート地方に伝わる「グレックラー」という伝統を基に、日本の年代物の紙を使って身につけられる彫刻を制... Based on the tradition of the “Glöckler” in her Austrian homeland the Salzkammergut, Anita Gratzer presents wearable sculptures from antique Japanese paper....

くだ Tubes

しばたみづき Midzuki Shibata Midzuki Shibata

くだ(管)は、中が空洞になっていて、両端が閉じられていない形をしている。それはつまりドーナツであり、ヒトである。これらの「くだ」は、様々なところに繋がりを... The tube is hollow inside and has a shape that is not closed at both ends. It is, in other words, a doughnut, a human being. These “tubes” expand with...

日本の文人と出会いを求める Seeking Encounter with Japanese Literatus

曾超 Zeng Chao(ソチョウ) Zeng Chao

福岡伸一著『動的平衡』によれば、生命現象の核心を解くキーワード、それは「動的平衡」(dynamic equilibrium ダイナミック・イクイリブリアム... According to Shinichi Fukuoka’s “Dynamic Equilibrium” the keyword to solve the core of life phenomena is “dynamic equi-librium.” In Laozi and Zhuangzi’s thou...

景色の散積 Gathering Scenery

鳥越 義弘 Yoshihiro Torigoe Yoshihiro Torigoe

月日が流れ、散り散りになった景色を見つけて、紙に留める。... The scenery changes with time, and the times change. I gather the scattered fragments of the scenery and paint them on Japanese paper....

存在しない気配 The Feel of Non-Existence

山口 諒 Ryo Yamaguchi Ryo Yamaguchi

19 世紀の演劇には「ペッパーズ・ゴースト」という舞台装置があった。これは透明な板に光の反射を使って舞台上に幽霊を作り出すものである。この装置によって当時... In the 19th century of theater, there was a device called “Pepper’s Ghost.” This device used the reflection of light on a transparent board to create g...

同時に踊る、もう1 人の私 Dancing With Kaoru and My-Other-Self

ソフィー・ギュヨー Sophie Guyot Sophie Guyot

インスタレーションは、対面する二つのビデオで構成されます。 右側の Zoom のやりとりでは、日本人女性が伝統的な舞踊の動きを見せています。左... The installation is composed of two face-to-face videos. On the right, a zoom session shows an elderly Japanese lady sketching traditional dance movements....

のびる Extend

TACT (TAkasaki Community Theater) タクト TACT (TAkasaki Community Theater)

出会いながら育っていく 種から芽が出て、何年たっても つながりは伸びていく 60 歳以上のパフォーミングアーツグループ... Through meetings with one another, we’ll grow. Buds are from seeds and thrive connected with each other as time goes by. This is the film which TACT, a...

HELLO HELLO

いくらまりえ Marie Ikura Marie Ikura

実家は幼稚園でした。記憶にある最初の作品はその砂場で作った、お団子山でした。 楽しくて楽しくて、無我夢中で作って、生ききっていた姿に今一番憧れ... When I was in kindergarten (my family ran the kindergarten), I was obsessed with playing in the sandbox to make sand moun- tains with lots of mud balls...

六合の奏(かなで)・ 風鈴プロジェクト 2023 The Sound of Kuni: A Wind Bell Project

白根開善学校 Shirane Kaizen School Shirane Kaizen School

六合地区にある、白根開善学校中等部・高等部の生徒が作った陶の風鈴と麦わらアートです。 風になびく短冊は風の動きをとらえ、一斉に音色が響き始めま... These are ceramic wind bells and straw art made by the students of Shirane Kaizen Junior & Senior High School in Kuni. The papers flutter in the wi...