BLOG

第1弾『あくてぃ部』

目の痒さ、くしゃみ、鼻水と戦っている日々を過ごしております。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?


3月3日に記念すべき第1弾目の「あくてぃ部」!!
『チャツボミゴケ公園スノーシューハイキング』をしました♪.゜
ご報告が遅くなってしまいました…(小声)

今回、参加作家のみなさんとアクティブな交流がしたい!という
実行委員会の声から生まれた中之条ビエンナーレ「あくてぃ部」が
発足されました!

作家さん、ボランティアさん、スタッフ合わせて12名の
方々にお集まりいただき、無事に決行いたしました!

ケガなく楽しくスノーシューを体験できました!なによりですね!

ただいま、次回の「あくてぃ部」も計画を練っております。
次回もお楽しみに~!


(saki)

間の祭り トークイベント 『神社×美術 間(はざま)の話』

中之条はいつになったら春になるんだろう。
移住してもうすぐ1年になりますが、夜はまだまだ寒い。昼間もたまに寒い。

そんななか、浅野暢晴さん、白石綾さんが企画する展覧会、『間の祭り』に行ってまいりました。

【期間】2019年3月11日(月)~4月13日(土)
【時間】9:00~17:00
【料金】入場無料
【会場】常陸國總社宮
【住所】〒315-0016 茨城県石岡市総社 2-8-1

この日、3月23日は中之条ビエンナーレ総合ディレクターの山重徹夫さんと総社宮禰宜の石崎貴比古さんによるトークイベント。

アーティストトークもありましたが、異常に寒かった・・・。
とはいえ、それぞれの作品説明は、やはり作品の前で聞けてよかったと思います。
間とは何か、神社で作品を置くことで見えてくるものはなんなのか、またそれぞれの課題や制作エピソード。
みなさん寒さに負けず作家さんの話に耳を傾けておられました。


企画者の浅野さんは神社の隣の小学校が母校というくらいの地元中の地元。また総社宮禰宜の石崎貴比古とは同級生。

まさに地元の方々が中心となって始まったもの展覧会は、今年で4回目。

最初の展示は同窓会での軽いノリで始めたそうですが、徐々に参加人数も増え、4回目は18人の作家が参加されているとのこと。
トークの内容も神道の話かと思いきや、雑誌・ムーの話がポロッと入ってきたり。バラエティ豊かな3人のトークは、神社という存在が地元の方にとってどういったものなのか、また神社で美術が展開されることについてなど、色々なお話を伺うことができました。

そして最後は、DamaDamTalのパフォーマンス。
予想以上の寒さにより、急遽室内でのパフォーマンスからの野外でのパフォマンスの構成になりました。いつ見てもドキドキしてしまいますね。
DamaDamTalさんのパフォーマンスは気が抜けない。

 

ふと、自分の地元でこういった取り組みができるか・・・。いやいや、どうだろう。難しいのか、どうなのか。

とりあえず、同窓会に行ってみようかな。

最後に、企画者の浅野さん、白石さんの細かな気遣いが随所に感じられる日でした。会期は4月13日まで。皆さん足を運んでみてはいかがでしょう。

nishitake

 

FASHION-PLAZAトラヤ ファッションショーに向けての説明会!!

確定申告と平成が終わる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

中之条は未だに夜の冷え込みが厳しいです。

3月に入り、徐々に作家さん達の来町目的も下見から制作へと変化してきております。

参加作家の一人である蓮輪さんは、中之条伊勢町エリアにあります、FASHION PLAZA トラヤ にて展示を行う作家さんです。
今回はその展示会場で行われるファッションショーの説明会が開かれました。

一昨年惜しまれつつ閉店したトラヤ さん。
そこで購入した洋服と笑顔をお披露目しましょうというもの。
最初は人が集まってくれるか心配でしたが、蓮輪さんの足を使った広報活動により、目標の10人まであとわずか!!

説明会は2日間開催され、どの方もトラヤ さんで購入された服には思い出がありそうでした。トラヤ のご主人も説明会に来てくれて、
「私が買ったこの服、覚えてます?」
「ええ、もちろん覚えてますよ、懐かしいなぁ。」
なんて会話も当時を振り返ったり、皆さん楽しそうでした。

プレリュードの会期に合わせ、5月2日にファッションショーは開催され、8月のビエンナーレ会期中はファッションショーを基にした作品達が展示されます。

トラヤ ファッションショーは5月2日(木)午後2時から
中之条の元気な笑顔を是非見にいらしてください!トラヤさんの服を持ってるよ!ファッションショー出たいよ!という女性の参加者もまだまだ募集しております!

第一回目説明会 蓮輪さんの作品に、参加モデルさんは興味津々

実録!ビエンナーレ2019の裏側…

空気もお肌も乾燥しきっている今日この頃…(泣)
みなさまいかがお過ごしですか。

イサマムラの最近の様子は、事務局の人数も増えて
開催に向かい少しずつ作業が始まっています!

細かい作業からペンキ塗りや農具の移動など
さまざまな作業をしています。

2E5A9921-633E-4A99-81F8-854C59CE05B2

7E432169-5C9F-4E5A-9D0D-8D8CA75419E1

1409A0A7-1FE8-4D1E-AA06-779CD3FA4356

IMG_1240

そして、先週末、お勉強と視察を兼ねて
ビエント高崎とアーツ前橋に行ってきました。

0252970E-FCCB-42B0-95A1-35CEDC7B063A-8798-000008DC6794B87A

EF8DA1E2-EF13-421C-8C7B-AF0302E770B0-8798-000008DC91945769

作品はもちろんですが、職業病とでも言いますか…
館内の壁や棚の素材や作りまでチェックさせてもらいました。

空間作りは奥が深い…
参考になることがたくさんあり、勉強になりました!

心身ともに高みを目指しつつ、みんなで作り上げていきます!!

ワッショイ!

(saki)

ボランティア新年会のご報告

1月も半ばを過ぎ、制作のため中之条にリサーチにいらっしゃる作家さんもチラホラ。

ビエンナーレ開催への向けこれから勢いは加速度を増していきます。

さて、1月19日に中之条ビエンナーレとしては初のボランティア新年会を開催しました。

IMG_2918

当日はボランティアさんとスタッフ、地元作家など総勢30名を超える参加者にお集まりいただきました!

IMG_2897

もちろん今までもボランティアさんの活躍の場はあったのですが、みなさんより楽しく、積極的に活動していける場を沢山作っていきたいという思いがあり、
まずは、ボランティアさん同士、またはスタッフや作家と顔を合わせ、ビエンナーレ開催へ向け、一緒に士気を高めよう!という狙いでこの新年会を開催しました。

IMG_2893
会場となったニューサイトウの壁一面に紙を張り、それぞれの想い、やりたいことなどを落書きの様に描いてみました。

IMG_2899
懐かしいクレヨン描きです。

そしてこの新年会で重要なイベントだったのは
「ボランティアの愛称を決めよう!」というもの。

みんなでこの場で案を出して、
こんなのはどうだろう? それいいねー! などとワイワイしながら、いくつか候補を挙げていきました。

IMG_2898
ここでは最終的に2つに絞られましたが、最終決着はならず! 

さて、どんな名称になるかは・・・発表までもう少しお待ちください。

今回参加していただいたみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

みなさんそれそれビエンナーレを応援したい、楽しんでボランティアに参加したい、
という気持ちが大変ありがたく嬉しく、これからへの期待が高まります。

スタッフとしては作家さんのみならず、ボランティアさんの想いにも応えていかなければ!改めて思いました。

また、新年会には参加できなかった方もこれからどしどしボランティア活動にご参加ください!

▼ボランティアにご興味ある方、登録はこちらから
http://nakanojo-biennale.com/volunteer

(Oida)

明けましておめでとうございます

みなさま

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

いよいよ、中之条ビエンナーレ2019開催年に入りました。
一気に身が引き締まる思いです。

そして、今日は中之条にも雪が降りました。

IMG_2677
IMG_2678
こちら霊山たけやまの様子。

IMG_2683
こちらはイサマムラの校庭です。

ちらちら舞う程度は良くあるのですが、積もることは久しぶりです。

さて、中之条には色んなお祭りがあるのですが、
この季節、特におススメしたい2つのお祭りを紹介します。

◆まずは1月14日の 鳥追い祭り
https://www.nakanojo-kanko.jp/saijiki/torioi.shtml

伊勢宮での神事の後に町中を練り歩き、
『鳥追いだ、鳥追いだ、唐土(とっと)の鳥を追いもうせ、
セッセッセ、サーラバよって追いもうせ』の掛声とともに太鼓をたたきます。
太鼓の音は夜までバインバインと冬の夜に響き渡ります。
場所は中之条町役場周辺です。

◆そしてその翌日の 1月15日 おんべーや
https://www.nakanojo-kanko.jp/saijiki/onbe_ya.shtml

七福神に扮した住民が福俵を背負って家々をまわり、無病息災・承福を願い、福俵を投げ渡します。
今年はビエンナーレ作家の古川葉子さんも七福神に扮装するという噂を耳にしました。
非常に面白いものが見られると思います。
場所は六合村の入山 引沼集落です。スタッドレスタイヤは必須ですよ!

ご興味があったらどうぞ見にいらっしゃってください。

(Oida)

今年もありがとうございました

みなさま、

今年も残すところあと僅かとなりました。
迫りくる2019をひしひしと感じながら、今年を振り返っています。

今年2018年、ビエンナーレ事務局は二つの大きな柱がありました。

まず一つ目は、やはり中之条ビエンナーレ2019の準備年であったこと。

ここで簡単におさらいしましょう。

5月に作家募集開始、7月に審査、
9月には参加作家のオリエンテーション、その後は年末まで各作家の会場決め、、

と、こう書いてしまうと意外にあっさりしておりますが、
その都度、細かな調整が必要だったり、
一人ひとりの作家の想いや希望に向き合うため、スタッフは常に右往左往な日々でありました。

そして、もう一つは国際交流の年であったこと。

中之条ビエンナーレ2017に参加した作家が海外の展覧会に旅立っていった年でした。

8月はモンゴル、
10月はイギリス・マンチェスターとポーランド・ポズナン、
11月はタイ・チェンマイ、
12月は中国・広州

この流れは来年も続き、

2月はフィンランド、
3月は台湾 

へと進出していきます。

その展覧会により”NAKANOJO”の名が海外へ広がっていくのです。
もはや”世界のNAKANOJO”ですね。喜ばしい限りです。

さて、いよいよ来年は中之条ビエンナーレ2019の開催年です!
会期自体は8月24日から9月23日という、たった1ヶ月間ではありますが、
そこに至るまでの道は大変長く、険しく、激しい道のりなのです。笑

ブログをご覧のみなさまもビエンナーレを楽しむ準備をしておいてくださいね!

では最後に、本年を締めくくるべく行われた先日の忘年会の様子をお伝えいたします。

48424404_2203433489925939_68622217201582080_n
ビエンナーレ実行委員、スタッフ、地元作家と共に大いに楽しみました!

IMG-2499
左手前、人見実行委員長、右手前、山重ディレクター。どちらもいい笑顔ですね。

ほかには、見覚えのある人はいますでしょうか??
IMG-2498
あ、ディレクターの後ろに背後霊

IMG-2500
おや、このタンを食べるおじさんは? 

さーあ、こんな愉快なメンバーと共にビエンナーレを作り上げていきますよ。

乞うご期待!

それではみなさま、今年もありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください!

(Oida)

広州×中之条 『 対流風景 Convective Scenery 2018 』のご報告(交流編)

作業編ではお伝えしきれなかった交流編をお伝えいたします!

46961848_193885448221378_2216000024322506752_n

46761613_270871273618844_172057304705794048_n

広州で全てのことでお世話になったシャオ・リーさん、何でも楽しむ明るい方でした!町で食べる天津もめちゃくちゃ美味しい!

48380417_664337047331315_4730096157949165568_n

作業編で広州の卸問屋に行った時には、材料だけじゃなく、美味しいジュースも発見して上機嫌の2人

47150363_616216012127445_2782268630253961216_n

負けじとみんな広州での美味しいものを探し回っていたりもしました。
ちなみにみんなが持っているのは大粒の果実ジュースの上にマスカルポーネチーズがのっているジュース!

48357677_521967184978180_1382495465152446464_n

48935162_329589900963680_4765809335001415680_n

実際の案内は日本語を勉強しているボランティアの方々!本当にお世話になりました。そしてみんな若くてフレッシュ!

48411207_212904782979713_7151467302024642560_n

美術館の館長も貴重なお茶をふるまってくれました。お茶を入れる姿がかっこいい。

IMG_2471

中国はお茶の文化で街中を歩いていると全然知らないおじさんもお茶をご馳走してくれました。ご馳走さまが言えず、7〜8杯のお茶を飲んで、お腹がタプンタプンです。

48413598_455346218331309_1122985127287193600_n

IMG_2565

48392420_315464625971787_4619826729504997376_n

48362148_2259322770753390_2819390689723285504_n

53美術館から車で一時間のところにあるVitamin Creative Spaceへ。
山の中にある庭園のような落ち着いた雰囲気のスペース。制作を忘れ、リラックスの一時。

48425848_220414795548866_587858135218126848_n

48414870_283606899014442_1549943445315911680_n

_DSC4789

朝食、昼食、夕食はイケメン料理人が大皿やお弁当で毎日作ってくれます。ご飯の内容によって一日のテンションが変わるので重要な部分!
ちなみに女性陣に囲まれているのがイケメン料理人です

_DSC3799

_DSC3706

48427379_2188107151517393_1173478575295168512_n

48369222_344520546331512_299032257555857408_n

_DSC3789

_DSC4798

美術館が準備してくれた豪華な円卓でのパーティー!
中国作家との交流も非常に楽しく、良い刺激をもらいました。歌のプレゼントに歌でお返ししたり。
様々なおもてなしをしていただいた中国の皆さまには本当に感謝しても仕切れないくらいです。

中之条ビエンナーレ国際交流のはまだまだ続きます。それぞれの作家がまだ見ぬ土地で制作をすることで、作家として成長するための糧になるように、これからもっと色々な交流を深めていきます。

nishitake

広州×中之条 『 対流風景 Convective Scenery 2018 』のご報告(制作編)2

中国人作家の作品もご紹介します!
中国作家の作家たちは比較的若い方々が多く、広州の今のアート、考え方を強く感じました。

スクリーンショット 2018-12-26 14.12.20

_DSC4214

スクリーンショット 2018-12-26 14.13.45

夜な夜な巨大な壁に巨大なスポットを当てて、実験的な取り組みを見せたり、そこにパフォーマンス作家が自然に入り込んで遊んでいたり。とにかく実験的で挑戦的な考えで、新しい事を取り入れる姿勢が見て取れました。

スクリーンショット 2018-12-26 14.14.19

スクリーンショット 2018-12-26 14.12.59

スクリーンショット 2018-12-26 14.13.27

招待作家も含め、映像、インスタレーション、パフォーマンスと質の高い展示を展開してくれました。
特にパフォーマンスは言語がわからない部分が多かったにもかかわらず、その構成の方法や見せ方が新鮮でした。

_DSC3738

_DSC3740

オープニングのパフォーマンスに日本語のセリフを入れたいとのことで、日本語レクチャー中

_DSC4603

スクリーンショット 2018-12-26 15.15.01

身体を使った過激なビジュアルの作品や、ポップなテイストの作品など、本当に多種多様です。

_DSC4667

_DSC4671

_DSC4650

中国との国際交流を終え、知っているようで知らなかった中国の文化や考え方を感じ取る事ができました。
また中国の作家たちも日本の作家の作品を見て、刺激を受けてくれたと思います。
タイ・中国と一ヶ月間の交流を通して、中之条ビエンナーレが取り組む国際交流の意味や役割を改めて認識しました。

_DSC4683

_DSC4735

nishitake 

広州×中之条 『 対流風景 Convective Scenery 2018 』のご報告(制作編)

タイ・チェンマイの旅から我々事務局はそのまま中国は広州に移動しました。その報告をさせていただきます。

対流風景 Convective Scenery
Guangzhou × Nakanojo Exchange Exhibition
日程:2018年12月8日-2019年1月8日
場所:53美術館  
住所:广州市广园快速路汇景路汇苑街19号广州53美术馆

IMG_2595

参加作家は
山田 悠 Haruka Yamada  西岳拡貴 Hiroki Nishitake 江上 弘 Hiroshi Egami
村上郁 Kaoru Murakami  富樫智子 Satoko Togashi  東城信之介 Shinnosuke Tojo
渡邊 智子 Tomoko Watanabe 本郷芳哉 Yoshiya Hongo  美雷娅 · 莎贝尔 Mireya Samper
陈庆 Chen Qing 何利校 He Lixiao 施维娜 Shi Weina 王泽 Wang Ze
吴杰仁 Wu Jieren 谢子耿 Xie Zigeng

日本人作家、中国人作家、招待作家合わせて15名で行う国際交流展です。

ディレクター陣は
山重徹夫 Tetsuo Yamashige  肖丽 Xiao Li 李琼波 Li Qiongbo

以上メンバーで展覧会を作り上げていきました!

49021065_342016866383120_1588762545148133376_n

本展示会場である53美術館。広々とした空間、高い天井。ここにどのように展示していくか楽しみです!

48427277_556733194794812_8618412630354165760_n

まずは材料、買い出しということで、各々が求める材料を探しに出かけました。

IMG_2470

IMG_2457

IMG_4978

広州の卸売問屋街はとにかく巨大、尚且つ安い。世界中のバイヤーが集まる街と言われるだけあって、日本では高価でなかなか材料として使えない物も広州では破格の値段で買えたりします。
広州のレジデンスで感じたのは、各作家がそういった素材の価格などによりいつも使っている素材から解放されて、新しい試みにチャレンジできた事も大きかったのではないかと感じています。

IMG_5010

スクリーンショット 2018-12-25 11.02.48

特にそれを感じたのは本郷さん。普段の制作スタイルの片鱗を残しつつ、素材を無理なく自然に吸収していたように感じます。これから色々な文脈に発展していきそうで、帰国した後もさらに実験を重ねるようです。今後の発展を見たい!

IMG_2589

IMG_2551

本郷さんとは違う意味で素材と格闘していたのが東城さん。様々な素材を組み合わせて起こる現象を見逃さず、繊細に判断してインストールしていく。「男はまめじゃないとダメだ!」と言っていた事が、制作にも出ています。一番制作を楽しんで、一番苦労していいたようにも感じました。

IMG_2542

IMG_4966

IMG_4963

村上さんは本当にセンスの塊のような人で、繊細な作業と大胆な作業を絶妙なバランスで構成しておりました。何かの基準で仮置きされているだけかと思いきや、他の細かな構成が進むと仮置きが仮置きじゃなく見えてくる。ユーモアもあり、下の写真の中の小さな小窓が美術館の小さな穴に設置され、大胆さと繊細さとユーモアを象徴するような仕掛けもされていました。
東城さんと村上さんが何やら2人で話しています。お互い伝家の宝刀を持っているお2人。いつ出すかの相談中でしょうか。

IMG_4976

12800005

渡邊さんはとにかく全力で体当たりしている印象でした。フワッとした女性的な印象からは想像できないくらいのパワフルさで、板材を切り出していく光景、木組みをして構造を作っている姿は、中国ボランティアの方々も渡邊さんは女性なのに何でもできてすごい!と賞賛の嵐でした。実際最後まで作品に手を入れていたのは彼女であったと思います。広州での滞在中、おそらくずっと作品に正面から向かっていたと思います。

IMG_2545

48367044_1932657326804092_7999139433590816768_n

49074639_990563087806700_6247804469254291456_n

山田さんは常にみんなを明るく盛り上げてくれる方でした。計画的に、確実に仕事を進める方でしたが、さすがに予想以上の巨大な高所作業車が来た時は我々含め、山田さんもちょっと驚きを隠せませんでしたが、さすが山田さん、クレーンで上に移動してすぐこちらの写真を撮るくらいの余裕っぷりでした。また以前からずっとやって見たかったというキャンバスへのペインティングの作品も初の試みとして展開しておりました。

スクリーンショット 2018-12-25 12.34.46

_DSC3657

富樫さんもまた計画的で冷静な方でしたが、今回の展示では、写真ではない、墨を使ったペインティングペインティングを実験的に展開していました。リサーチ取材を重ね、中国の歴史や文化を十分に取り入れた上で感覚的にアウトプットしていく作品は、葛藤の部分が多かったようですが、その感情が作品として表現されていました。

IMG_2535

江上さんは多くのレジデンスを経験されている方でしたが、広州では発熱などに悩まされておりました。みんなも心配していましたが、体力が回復し、一気に作品を作り上げていきました。体調が悪い中でもベストを尽くし、今できる事を探っていく姿勢はさすがでした。あと、歌が上手い。山重ディレクターと江上さんは特に歌が上手い事が判明しました。