BLOG

プレリュード展のご報告

中之条ビエンナーレファンのみなさま、こんにちは!

10連休のGWはどのように過ごされましたか?

5/2から開催されました“プレリュード展”
みなさまのお陰で大盛況のうちに終了いたしました。

約600名の方に芳名帳に記帳していただき
おそらく、来場者数は600名越えではないかと…!

プレリュード展の様子をチラリとお見せいたします♪.◦

 

 

ここからは、私事な事後報告で申し訳ないのですが
私、事務局員でありながらトラヤファッションショーに
出させていただきました!

ファッションショーを見に来てくださった方々に
「かっこよかった」「かわいかった」「すごくよかった」などと
お声掛けいただき、本当に本当に嬉しかったです!
きっと一生分のお褒めの言葉をいただいたと思います。

プレリュード展はもちろん!!!
トラヤファッションショーにもたくさんのお客様に
来場していただきまして誠にありがとうございました。

本展でも素敵な作品ばかりですので
お楽しみにしていてください!

(saki)

プレリュード展5/2より開催です!

ついに本日から令和へ!
新しい時代の幕開けとなりました。
そしてGWの真っ只中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
中之条ビエンナーレではいよいよ明日からプレリュード展が開催されます。
みなさま、どうぞ中之条へ遊びにいらっしゃってください!

会期:2019年5月2日(木祝)~6日(月祝)10:00-17:00
料金:観覧無料

イベントやワークショップなども開催されます。
詳しくは以下のページでチェックしてくださいね!

▼プレリュード展情報
https://nakanojo-biennale.com/news/2019-prelude

そして本日5月1日 17:00よりエフエム群馬さまのラジオに山重ディレクターが出演します。

番組:サンセット5 17:00~18:55
山重ディレクターの出演は 17:10分頃より

こちらもどうぞお聞き逃しなく!

(Oida)

春まっさかり。

中之条ビエンナーレファンのみなさま、こんにちは~!

なかなか更新できず、申し訳ありません(:_;)

ご報告したいことが2点ございます!!


まず、1点目! 4月17日(水)

2019年度中之条ビエンナーレ実行委員会総会が
執り行われました。

私は事務局の一員になって、やっと半年が過ぎた新米です。
実行委員会の皆様と楽しく中之条ビエンナーレを盛り上げて
いけたらなぁと思っております!

会場の雰囲気もお料理も最高でした!

2点目! 4月20日(土)

あくてぃ部 第2弾!!

今回は中之条町内でお花見宴会をしました♪


参加作家さん、移住作家さん、スタッフが
約20名集まり大宴会となりました( ^O^ )/

桜も見ごろで天候にも恵まれました!


次回の「あくてぃ部」もお楽しみ~!

第1弾『あくてぃ部』

目の痒さ、くしゃみ、鼻水と戦っている日々を過ごしております。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?


3月3日に記念すべき第1弾目の「あくてぃ部」!!
『チャツボミゴケ公園スノーシューハイキング』をしました♪.゜
ご報告が遅くなってしまいました…(小声)

今回、参加作家のみなさんとアクティブな交流がしたい!という
実行委員会の声から生まれた中之条ビエンナーレ「あくてぃ部」が
発足されました!

作家さん、ボランティアさん、スタッフ合わせて12名の
方々にお集まりいただき、無事に決行いたしました!

ケガなく楽しくスノーシューを体験できました!なによりですね!

ただいま、次回の「あくてぃ部」も計画を練っております。
次回もお楽しみに~!


(saki)

間の祭り トークイベント 『神社×美術 間(はざま)の話』

中之条はいつになったら春になるんだろう。
移住してもうすぐ1年になりますが、夜はまだまだ寒い。昼間もたまに寒い。

そんななか、浅野暢晴さん、白石綾さんが企画する展覧会、『間の祭り』に行ってまいりました。

【期間】2019年3月11日(月)~4月13日(土)
【時間】9:00~17:00
【料金】入場無料
【会場】常陸國總社宮
【住所】〒315-0016 茨城県石岡市総社 2-8-1

この日、3月23日は中之条ビエンナーレ総合ディレクターの山重徹夫さんと総社宮禰宜の石崎貴比古さんによるトークイベント。

アーティストトークもありましたが、異常に寒かった・・・。
とはいえ、それぞれの作品説明は、やはり作品の前で聞けてよかったと思います。
間とは何か、神社で作品を置くことで見えてくるものはなんなのか、またそれぞれの課題や制作エピソード。
みなさん寒さに負けず作家さんの話に耳を傾けておられました。


企画者の浅野さんは神社の隣の小学校が母校というくらいの地元中の地元。また総社宮禰宜の石崎貴比古とは同級生。

まさに地元の方々が中心となって始まったもの展覧会は、今年で4回目。

最初の展示は同窓会での軽いノリで始めたそうですが、徐々に参加人数も増え、4回目は18人の作家が参加されているとのこと。
トークの内容も神道の話かと思いきや、雑誌・ムーの話がポロッと入ってきたり。バラエティ豊かな3人のトークは、神社という存在が地元の方にとってどういったものなのか、また神社で美術が展開されることについてなど、色々なお話を伺うことができました。

そして最後は、DamaDamTalのパフォーマンス。
予想以上の寒さにより、急遽室内でのパフォーマンスからの野外でのパフォマンスの構成になりました。いつ見てもドキドキしてしまいますね。
DamaDamTalさんのパフォーマンスは気が抜けない。

 

ふと、自分の地元でこういった取り組みができるか・・・。いやいや、どうだろう。難しいのか、どうなのか。

とりあえず、同窓会に行ってみようかな。

最後に、企画者の浅野さん、白石さんの細かな気遣いが随所に感じられる日でした。会期は4月13日まで。皆さん足を運んでみてはいかがでしょう。

nishitake

 

FASHION-PLAZAトラヤ ファッションショーに向けての説明会!!

確定申告と平成が終わる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

中之条は未だに夜の冷え込みが厳しいです。

3月に入り、徐々に作家さん達の来町目的も下見から制作へと変化してきております。

参加作家の一人である蓮輪さんは、中之条伊勢町エリアにあります、FASHION PLAZA トラヤ にて展示を行う作家さんです。
今回はその展示会場で行われるファッションショーの説明会が開かれました。

一昨年惜しまれつつ閉店したトラヤ さん。
そこで購入した洋服と笑顔をお披露目しましょうというもの。
最初は人が集まってくれるか心配でしたが、蓮輪さんの足を使った広報活動により、目標の10人まであとわずか!!

説明会は2日間開催され、どの方もトラヤ さんで購入された服には思い出がありそうでした。トラヤ のご主人も説明会に来てくれて、
「私が買ったこの服、覚えてます?」
「ええ、もちろん覚えてますよ、懐かしいなぁ。」
なんて会話も当時を振り返ったり、皆さん楽しそうでした。

プレリュードの会期に合わせ、5月2日にファッションショーは開催され、8月のビエンナーレ会期中はファッションショーを基にした作品達が展示されます。

トラヤ ファッションショーは5月2日(木)午後2時から
中之条の元気な笑顔を是非見にいらしてください!トラヤさんの服を持ってるよ!ファッションショー出たいよ!という女性の参加者もまだまだ募集しております!

第一回目説明会 蓮輪さんの作品に、参加モデルさんは興味津々

実録!ビエンナーレ2019の裏側…

空気もお肌も乾燥しきっている今日この頃…(泣)
みなさまいかがお過ごしですか。

イサマムラの最近の様子は、事務局の人数も増えて
開催に向かい少しずつ作業が始まっています!

細かい作業からペンキ塗りや農具の移動など
さまざまな作業をしています。

2E5A9921-633E-4A99-81F8-854C59CE05B2

7E432169-5C9F-4E5A-9D0D-8D8CA75419E1

1409A0A7-1FE8-4D1E-AA06-779CD3FA4356

IMG_1240

そして、先週末、お勉強と視察を兼ねて
ビエント高崎とアーツ前橋に行ってきました。

0252970E-FCCB-42B0-95A1-35CEDC7B063A-8798-000008DC6794B87A

EF8DA1E2-EF13-421C-8C7B-AF0302E770B0-8798-000008DC91945769

作品はもちろんですが、職業病とでも言いますか…
館内の壁や棚の素材や作りまでチェックさせてもらいました。

空間作りは奥が深い…
参考になることがたくさんあり、勉強になりました!

心身ともに高みを目指しつつ、みんなで作り上げていきます!!

ワッショイ!

(saki)

ボランティア新年会のご報告

1月も半ばを過ぎ、制作のため中之条にリサーチにいらっしゃる作家さんもチラホラ。

ビエンナーレ開催への向けこれから勢いは加速度を増していきます。

さて、1月19日に中之条ビエンナーレとしては初のボランティア新年会を開催しました。

IMG_2918

当日はボランティアさんとスタッフ、地元作家など総勢30名を超える参加者にお集まりいただきました!

IMG_2897

もちろん今までもボランティアさんの活躍の場はあったのですが、みなさんより楽しく、積極的に活動していける場を沢山作っていきたいという思いがあり、
まずは、ボランティアさん同士、またはスタッフや作家と顔を合わせ、ビエンナーレ開催へ向け、一緒に士気を高めよう!という狙いでこの新年会を開催しました。

IMG_2893
会場となったニューサイトウの壁一面に紙を張り、それぞれの想い、やりたいことなどを落書きの様に描いてみました。

IMG_2899
懐かしいクレヨン描きです。

そしてこの新年会で重要なイベントだったのは
「ボランティアの愛称を決めよう!」というもの。

みんなでこの場で案を出して、
こんなのはどうだろう? それいいねー! などとワイワイしながら、いくつか候補を挙げていきました。

IMG_2898
ここでは最終的に2つに絞られましたが、最終決着はならず! 

さて、どんな名称になるかは・・・発表までもう少しお待ちください。

今回参加していただいたみなさま、楽しい時間をありがとうございました!

みなさんそれそれビエンナーレを応援したい、楽しんでボランティアに参加したい、
という気持ちが大変ありがたく嬉しく、これからへの期待が高まります。

スタッフとしては作家さんのみならず、ボランティアさんの想いにも応えていかなければ!改めて思いました。

また、新年会には参加できなかった方もこれからどしどしボランティア活動にご参加ください!

▼ボランティアにご興味ある方、登録はこちらから
http://nakanojo-biennale.com/volunteer

(Oida)

明けましておめでとうございます

みなさま

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

いよいよ、中之条ビエンナーレ2019開催年に入りました。
一気に身が引き締まる思いです。

そして、今日は中之条にも雪が降りました。

IMG_2677
IMG_2678
こちら霊山たけやまの様子。

IMG_2683
こちらはイサマムラの校庭です。

ちらちら舞う程度は良くあるのですが、積もることは久しぶりです。

さて、中之条には色んなお祭りがあるのですが、
この季節、特におススメしたい2つのお祭りを紹介します。

◆まずは1月14日の 鳥追い祭り
https://www.nakanojo-kanko.jp/saijiki/torioi.shtml

伊勢宮での神事の後に町中を練り歩き、
『鳥追いだ、鳥追いだ、唐土(とっと)の鳥を追いもうせ、
セッセッセ、サーラバよって追いもうせ』の掛声とともに太鼓をたたきます。
太鼓の音は夜までバインバインと冬の夜に響き渡ります。
場所は中之条町役場周辺です。

◆そしてその翌日の 1月15日 おんべーや
https://www.nakanojo-kanko.jp/saijiki/onbe_ya.shtml

七福神に扮した住民が福俵を背負って家々をまわり、無病息災・承福を願い、福俵を投げ渡します。
今年はビエンナーレ作家の古川葉子さんも七福神に扮装するという噂を耳にしました。
非常に面白いものが見られると思います。
場所は六合村の入山 引沼集落です。スタッドレスタイヤは必須ですよ!

ご興味があったらどうぞ見にいらっしゃってください。

(Oida)

今年もありがとうございました

みなさま、

今年も残すところあと僅かとなりました。
迫りくる2019をひしひしと感じながら、今年を振り返っています。

今年2018年、ビエンナーレ事務局は二つの大きな柱がありました。

まず一つ目は、やはり中之条ビエンナーレ2019の準備年であったこと。

ここで簡単におさらいしましょう。

5月に作家募集開始、7月に審査、
9月には参加作家のオリエンテーション、その後は年末まで各作家の会場決め、、

と、こう書いてしまうと意外にあっさりしておりますが、
その都度、細かな調整が必要だったり、
一人ひとりの作家の想いや希望に向き合うため、スタッフは常に右往左往な日々でありました。

そして、もう一つは国際交流の年であったこと。

中之条ビエンナーレ2017に参加した作家が海外の展覧会に旅立っていった年でした。

8月はモンゴル、
10月はイギリス・マンチェスターとポーランド・ポズナン、
11月はタイ・チェンマイ、
12月は中国・広州

この流れは来年も続き、

2月はフィンランド、
3月は台湾 

へと進出していきます。

その展覧会により”NAKANOJO”の名が海外へ広がっていくのです。
もはや”世界のNAKANOJO”ですね。喜ばしい限りです。

さて、いよいよ来年は中之条ビエンナーレ2019の開催年です!
会期自体は8月24日から9月23日という、たった1ヶ月間ではありますが、
そこに至るまでの道は大変長く、険しく、激しい道のりなのです。笑

ブログをご覧のみなさまもビエンナーレを楽しむ準備をしておいてくださいね!

では最後に、本年を締めくくるべく行われた先日の忘年会の様子をお伝えいたします。

48424404_2203433489925939_68622217201582080_n
ビエンナーレ実行委員、スタッフ、地元作家と共に大いに楽しみました!

IMG-2499
左手前、人見実行委員長、右手前、山重ディレクター。どちらもいい笑顔ですね。

ほかには、見覚えのある人はいますでしょうか??
IMG-2498
あ、ディレクターの後ろに背後霊

IMG-2500
おや、このタンを食べるおじさんは? 

さーあ、こんな愉快なメンバーと共にビエンナーレを作り上げていきますよ。

乞うご期待!

それではみなさま、今年もありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください!

(Oida)