BLOG

応募締切りまであと3週間!!

6月も中旬を過ぎ梅雨の季節ですが、

いつもの6月よりかなり過ごしやすいように感じます。

梅雨の時期って、もっとジメジメムシムシしていて不快指数がアップしてませんでしたか?

今年はいまのところ涼しい日が多いなーという印象です。

中之条だからでしょうか??

ということで・・・

中之条ビエンナーレ2019作家応募締切りまであと3週間となりました!!

応募しようと思ってたのにうっかり締切りを過ぎちゃった、、

なんてことないよう、くれぐれもご注意ください!

ポートフォリオ提出の締め切りは、2018年7月11日消印有効です。

WEB応募もできます。

応募に関して詳しくはこちらをご覧ください。

http://nakanojo-biennale.com/2019-open-call/artist-open-call.html

(Oida)

イサマムラのペンキ塗り

町民の方からもよく聞かれる質問があります。

「ビエンナーレのスタッフさんていつもどこにいるの?」

・・・確かに!

ビエンナーレ期間中は各会場に散らばって受付などの対応をしますので顔が見えますが、
準備期間中は町民の方でもスタッフがどこで何をしているのか見えにくいですものね。

そこで今日はビエンナーレの事務局をちょっと紹介します。

私たちは中之条町にある旧伊参小学校の一室を事務所として使用し作業しています。

IMG-0401
現在は廃校となり「イサマムラ」と呼んでいます。
まだまだキレイですし、放っておくにはもったいないですよね。

ファンの方にはすっかりお馴染みかと思いますが、
ビエンナーレ期間中は総合受付ともなり、事務所以外の空いている教室などが展示スペースとなります。

IMG-0402
さて、このイサマムラ正面玄関入ってすぐの壁。

以前までは黄みがかったベージュの石膏ボードが張りっぱなしになっていて、簡素で少し暗い印象だったのです。

そこでスタッフ内でこの壁を白いペンキで塗ろう!という流れになりました。

スタッフYさんとNさんはアーティストでもあるので、ペンキ塗りなどの作業はお手のもの。

まずペンキ塗りの前に壁の周りを養生シートで保護し、
そして壁の凹凸がなくなるようパテで溝を埋めたり、表面を滑らかにするため削ったり。
プロの仕事です。まさに匠です!

対して、こういう作業は全く不慣れな私。。
ここまでは二人の作業をただ感心しながら見学することしか出来なかったのですが、
二人の匠に教えてもらいながらペンキを塗るところから作業に加わり、一緒にローラーをコロコロ。

なかなか範囲が広いので疲れますが、楽しい作業です♪

35211174_1914509495260324_8283614281748971520_n
こちら一度塗り後の様子。
まだ塗りむらが見えますね。

30分ほど乾かした後、二度塗り開始。

IMG-0389
コロコロ。

IMG-0393
コロコロ。

IMG-0395
こんな感じで作業を進め、

養生シートを剥がし・・・
IMG-0398

するとどうでしょう!
あんなに薄暗い印象だった壁が見違えるほどスッキリ綺麗に!

まさに劇的ビフォーアフター状態なのですが
ビフォーの写真を撮り忘れました。大変悔やまれます!

玄関入ってすぐにこの真っ白い壁が見えるととても清々しい気持ちになります。

ということで、今回はビエンナーレの事務局とスタッフの仕事を少しだけお伝えさせていただきました。
スタッフの仕事の範囲はとーおっても広いので伝えきれないのですが、
デスク仕事から今回のような大工仕事など本当にいろいろあります。

それぞれスタッフが自分の得意分野を活かして、来年の開催に向け頑張ります!!
(Oida)

講演会のお知らせ

山重ディレクターが参加する講演会のお知らせです。

日本建築美術工芸協会 30周年記念事業
「現場からの提言~パブリックアートの現在」
パブリックプレイスとアート・点から面へ アートな街づくりへの展開

日時:7月10日(火)16:30~19:30
会場:東京千代田区 糖業協会2階ホール

2018_07_20-pubricart-leaf.pdf_page_1

また、ビエンナーレ作家の浅見俊哉さんも講師として参加されます。

浅見さんは2017年ビエンナーレで伊参スタジオで展示された作家さんです。
「拓次の部屋」に展示された作品の青が非常に印象的でしたね。

講演会の詳細、お申込は以下をご覧ください。

http://www.aacajp.com/schedule/chosa/

ご興味のある方はぜひご参加くださいね。
私たちビエンナーレスタッフも群馬から参りますよ!

(Oida)

太田市美術館・図書館に行ってきました

こんにちは。6月に入りましたね。
関東ももうすぐ梅雨入りでしょうか。

先日、山重ディレクターとビエンナーレスタッフと共に太田市美術館・図書館に行ってきました。

中之条からは車で2時間くらいかかりました。結構遠い・・・!

IMG-0326

青空に白が映えますね。

IMG-0311

外観もかっこいいですが、中に入るとおしゃれ空間が広がっております。

IMG-0308

美術作品を観たり、図書館の本を読んだり、カフェでくつろいだり・・・
みな思い思いの時間を過ごされているようでした。

現在の展示は
佐久市立近代美術館コレクション+「現代日本画へようこそ」

私たちが行った日は画家の山本直彰さんのアーティストトークが行われておりました。

トークを聞いた後はちょっと休憩。
おいしいと評判のソフトクリームをいただきました。

FullSizeRender

ウソみたいに美しい。。そしておいしい!!

ソフトクリーム向こうにちらっと写ってるブルーのシャツの方は山重ディレクターですよ(笑)

私は今回初めてこちらの太田市美術館・図書館に伺ったのですが、
とても洗練されていて素敵な場所でした。

 

帰りがけにふらっと寄ったのは太田市の大光院。

IMG-0330

群馬で生まれ育った人なら必ず知ってる上毛カルタの【お】の札
「太田金山子育て呑龍」でお馴染みですね。
とはいいつつ、、群馬出身の私も実はここに来たのは初めてでした。
歴史を感じる厳かな寺院でした。

 

さて、中之条ビエンナーレ2019の作家募集開始から早一ヶ月経とうとしております。
徐々に応募が届きはじめて、来年はどんな展示がされるのか今から楽しみです。

応募を考えている方はぜひふるってご応募ください。
今回は新規の作家さんを積極的に採択するようですよー!

(Oida)

2019年開催に向け

NEWSでお知らせしております通り、
中之条ビエンナーレ2019の作家募集が始まっております。

すでにお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが
中之条ビエンナーレ2019では開催日が8/24~9/23となり、
例年よりも若干日程が早まりました。
(2017年は9/9~10/9でした)

これはなぜかというと、学校の夏休みに少しでも被せて
もっと子どもたちにもビエンナーレに来て欲しい!という想いから
このような日程になったのです。

来年のことですので少し気が早いですが
沢山の子どもたちが来てくれますように!

 
今年は準備年。来年の開催に向け、じわじわ準備が始まっています。

今後少しずつでも準備期間中の様子を
こちらのブログでお届けしていきたいな~と思っています。

みなさま、ごゆるりとお付き合いください( ・◡・ )

(Oida)

たけやま登山

みなさんこんにちは!
中之条ビエンナーレ2017のオープニングまであと150日となりました!

さて、先週末のNHK生放送はご覧になっていただけましたか?
5月3日からのPreludeにむけて今まさに製作の真っ最中の
旧廣盛酒造から2日間連続生中継でお伝えしました。

4月に入り、暖かくなってきたこともあり、
他の会場、町内各所で作家さんの滞在がじわじわと始まっています。

以前もお話したかもしれませんが、
作家さんは中之条町の歴史や文化など土地からヒントを得て
作品の題材とされることが多々あります。

この時期の作家さんは「実際に何かを作る」ことよりも
資料館や図書館に通ったり、町民から話を聞いたりして
「中之条町を知る」ことから始める方が非常に多いです。

先週の日曜日に作家さんのリサーチに役立てば!!
と思い、「ガイドさんと行くたけやま登山ツアー」を行いました!

たけやまは中之条町のシンボルのひとつともいえる、
古くから信仰の対象とされてきた山です。

登山の様子をちょっとご紹介しますね。

IMG_5097

ガイドさんが歴史や信仰、自然の植物などとにかく
幅広く丁寧に説明をしてくださり、
作家の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

IMG_5099

登山道にはこんなお茶目な看板も。
「ここは標高634m 東京スカイツリーと同じ高さです。」
考えたこともなかったですね~
中之条町民はユーモアにあふれていますね!

IMG_5106

「小天狗」にて集合写真
※たけやま山頂「大天狗」は雨で危険なため断念しました。

IMG_5123

「胎内くぐり」といって、わずか22cmの岩の隙間をくぐります。

IMG_5128

チェーンを使って険しい山肌を歩く場面も・・・

IMG_5132

山のいたるところに観音様が安置されています。
こちらは「御城平/みじょうのだいら」

IMG_5138

高い岩壁からぽたぽたと水滴が落ちてくる
こちらは「一升水/いっしょうみず」
圧巻の絶景です!

IMG_5142

そして、東登山道入り口に下りてくると・・・
齋木三男さんの中之条ビエンナーレ2015作品
「巡るもの2015」を見ることができます!
この日、山桜のつぼみはまだ固そうでした。

IMG_5143

ちょうど梅がきれいに咲いていました。
今回の参加作家さんは東京方面からいらした方が多く、
「え?まだ梅の季節?」ととても驚かれていました。

たけやま登山で作家さんがどんなことを感じたのか
とーーーーーっても気になりませんか?
せっかくなら作品を見る前にたけやまに登りたくはありませんか??

中之条で桜が見ごろを迎えるのはまだ少し先です。
桜満開の齋木三男さんの作品とたけやま登山を楽しみに
ぜひ中之条町に足を運んでみてはいかがでしょう!

たけやまに関して詳しく知りたい方は
こちらをチェック!

IMG_5108

こちらは小天狗にて撮影しました。
晴れた日の大天狗からの眺めはまさに絶景です。

(戸部)

NHK生放送!

お久しぶりです!

中之条町の長い長い冬もようやく終わりを向かえ、
最近はいよいよ春らしくなって来ました。

新年度がはじまってはや1週間。
今日は町内の小中学校で入学式だそうです。
一段と暖かく、絶好の入学式日和ですね。

そんな今日は中之条ビエンナーレ2017参加作家発表、
Prelude展開催の発表とビエンナーレファンは驚きの連続でしょうか。

さらなるニュースです!なんと!
今日、明日と2日間連続でNHK生中継出ちゃいます!

4/7(金)18:45~ ほっとぐんま640(群馬県域)
4/8(土)6:30~ おはよう日本(全国放送)
4/8(土)7:30~ おはよう首都圏(関東甲信越)

中之条ビエンナーレでお馴染みの人気会場、
旧廣盛酒造から生放送でお送りします!!

録画必須でよろしくお願いします~

IMG_5072

あ、別に私は出ませんよ。ふふふ。

(戸部)

今日は何の日?

中之条ビエンナーレファンの皆さん(^^)

今日は何の日かご存知ですか??

2月22日、、、

中之条ビエンナーレ2017オープニングの9月9日まで
あと199日になりました!!!!

いよいよ200日きりましたね~!

はい、そうです
過去最高にゆるい話題です。

と、事務局は暇なわけじゃないですよ!
仕事に飽きてブログに逃げてるわけではありません!
ほんとに!

こつこつと開催に向けた準備を進めているのですが、
まだゆるく発表してはいけないような内容がたくさんあるんです。

公式発表前にブログに書いたらきっと良くないですからね。
少しづつ開催にむけて詳細が発表されますので
楽しみにしていてください。

さて、こちらは先日のお仕事・・・

IMG_4650

何をしているように見えますか?笑

IMG_4651

作家さんからのご要望で石のリサーチ中なんです。
この謎の言動がどのように展示に繋がるか期待していて下さい!

開催までもう200日をきったので
近日中にぞくぞくと重大発表がいくつか出ますよ~

お楽しみに!!!

(戸部)

チャツボミゴケ公園が国の天然記念物に!

みなさまこんにちは!
今日は嬉しいお知らせです!

すでにご存じの方もいるかもしれませんが・・・

2月9日、
群馬鉄山の鉄鉱石の鉱山跡である中之条町入山の
「六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地」が
文化財保護法に基づく国の天然記念物に指定されました!

拍手!!!!!!!!!!!

さて、旧六合村エリアにあるこのチャツボミゴケ公園ですが、
中之条駅や中之条町役場から車で1時間ほどの場所にあります。
展示会場にもなっている六合の赤岩エリアよりさらに奥です。

チャツボミゴケ公園の見ごろはいつだかご存知ですか?
どうもネットなどで調べると
5~6月のつつじが咲く頃、
10月~11月の紅葉シーズン、などが人気のようです。

ですが!
中之条町と自然をこよなく愛する私のお勧めは・・・
ずばり!今です!

チャツボミゴケ公園のホームページのトップには赤字で
「12月1日から翌4月下旬まで冬季閉鎖となります。
入場、見学はできませんので、ご了承ください」
と、明記されておりますが・・・
こんなツアーがあるのをご存知ですか?

チャツボミゴケ公園スノーシュー ハイキング

中之条町観光協会が企画するスノーシューハイキングのツアーです!
なんと、冬期閉鎖中の公園内にこのツアーのみ
入園が許可されているという奇跡のツアーです!

おそらく、国の天然記念物に指定されたこともあり、
今年の春から観光客がどんどん増えるのではないかと思います。
せっかくなら旬の話題を先取りしましょう!

そんな訳で私も近日中に遊びに行ってきます!
そしたら写真をアップします!ぜひお楽しみに~(@^^)/~~~

・・・おっと。

またしてもビエンナーレに関係ない話題と思うかもしれませんが、
それは違いますよ!!!!!
くれぐれも公式ブログの私物化ではありませんよ!

作家さんは中之条町に滞在していろんなことを体験します。
「中之条の大自然に触れる」というのもその1つです。

もちろん参加作家全員がチャツボミゴケを訪れるわけではありませんし、
コケを見ないと作品鑑賞ができないわけでもありません。

でも少なからずその景色や歴史に興味を持つ作家さんもいて、
作品に何らかの影響を与えている可能性がある訳です。

中之条ビエンナーレをより一層楽しんでいただくためには
まず中之条町そのものを知っていただくのが一番だと思っています!

ネットや本で町のことを調べていただくのもいいですが、
どうしてこの町でビエンナーレが行われているのか、
作家さんはこの町で何を感じてその作品を作ったのか、
ぜひご自身で体感して欲しいと思います!

中之条の歴史や自然などたくさんのとこを知れば知るほど
作品鑑賞が楽しくより有意義なものになるはず!です!

そんなわけで!
チャツボミゴケ公園!
よろしくお願いします!

そんなわけで!
詳しくは中之条町観光協会に!

(戸部)

1月27日顕彰式

群馬会館にて第5回ぐんま 街・人・建築大賞の顕彰式が盛大に行われ、
中之条ビエンナーレ実行委員会もお招きいただきました。

16359075_1189825054466244_123819299_n

顕彰式の後には賞を受賞した各団体の活動紹介が行われ
中之条ビエンナーレ実行委員会は山重ディレクターが
立ち上げから現在に至るまでの活動を
写真を交えながらお話しして下さいました。

もちろん今年開催の「中之条ビエンナーレ2017」の紹介もばっちりです!

審査委員長の見城美枝子様からは
「実行委員会はもちろん、
共にビエンナーレを作り上げている町民1人1人にも賞を贈りたい。」
と大変ありがたいお言葉をいただきました。

今回、一緒に賞を受賞した各団体は活動紹介の際に、
実演をして下さいました!!!
どちらもとてもかっこよくて私たちが大賞とは
とても恐れ多く感じてしまいました。

せっかくなので少しだけ紹介します!

【文化伝統賞 下南室太々御神楽保存会様】
IMG_4482

神楽や獅子舞などたくさんの演目があるそうです。
正確な数はちょっと忘れてしまいましたが、
それだけの文化を伝承しているみなさまに本当に頭が下がります。
今回は時間の制限があり、一部を抜粋しての披露でしたが
ぜひ機会があれば全て拝見したいと思いました。

【奨励賞 高崎頼政太鼓様】
IMG_4485IMG_4487

全く雰囲気の違う曲を2曲披露して下さいました。
男性陣の力強い太鼓の音は圧巻でしたが
なんといっても女性陣の凛とした美しさにもう釘付けでした!
かっこいいな~とほんとそればっかりです!!!!

思わず演奏後に「かっこよかったです!」と声をかけましたが、
もっと自分の感情を表現する言葉を身につけたいと思いました。苦笑

今回の顕彰式には過去4回の受賞者の方々もいらしていました。
少しお話しする機会があったのですが、
同じ群馬県内のことでも知らないことが
たくさんあるんだなぁと実感しました。

ぜひ皆さんもこの2組はもちろん、
ぐんま人・街・建築顕彰会のご活動に今後ご注目ください。

翌日には山重ディレクター、椎葉実行委員長が
町長へ顕彰式の様子などをご報告に伺いました。

IMG_4499

来月の中之条町広報にも記事が掲載されるようです!
ぜひぜひ町民の方はチェックして下さいね(^^)

そしてガラス製の表彰盾はしばらくの間、
中之条町役場の受付横に飾っていただくことになりました!

中之条町役場に来る機会がある方はぜひ一目見ていってくださいね~

(戸部)