BLOG

バンコクアートビエンナーレ2018視察

幸せな日々を過ごしたチェンマイでの滞在を終え、その後スタッフと作家2名はバンコクへ移動し、バンコクアートビエンナーレ2018の視察へ行ってまいりました。

バンコクアートビエンナーレ2018
2018年10月19日~2019年2月3日開催

今年初開催のようですね。
http://www.bkkartbiennale.com/

同じタイでもチェンマイとバンコクは全く違う印象。

チェンマイはタイ北部のゆったりした地方都市。
バンコクはギラギラとしてエネルギッシュな大都会です。

そして街中いたるところにワット(寺)だらけ。
IMG-1752

IMG-1753

中でも特に有名なワットポーやワットアルンにもビエンナーレの作品が展示されておりました。

IMG-1767

IMG-1769

まずは寺院や仏像の美しさに我ら一同終始驚嘆するばかり。

IMG-1755
ワットポーの涅槃像。巨大すぎてもはや写真に納まらない。

IMG-1757
足の裏。

IMG-1853

IMG-1854
美しい寺院、ワットアルンです。溜息しか出ません。。

広大なワットの中でビエンナーレの作品を見つけるのは、もはや宝探しです。
IMG-1780

IMG-1765

IMG-1858

IMG-1836

IMG-1846
これは作品。

IMG-1774
こちらは何でしょう?ビエンナーレの作品ではなく、ずっとあるもののようです。
ヨガのポーズでしょうか?
ネコさんが可愛かったので激写してしまいました。

ワットの他、バンコクアートアンドカルチャーセンター、ギャラリー、デパートやホテルの中に作品が展示されております。
IMG-1816

IMG-1784

IMG-1813

IMG-1808

IMG-1802

IMG-1803

IMG-1805

IMG-1930

IMG-1929

IMG-1925

IMG-1826

IMG-1827

作品群の圧倒的規模と数。。
いや、もうすごいです。

実は個人的にはタイを訪れたのは2度目です。
初めてのときは学生の頃の貧乏旅行だったので、デパートや高級ホテルなどに入る機会などはありませんでした。(かなり前の話です。。)

今回訪れた、美術館やデパートはとても綺麗で、トイレ事情もかなり良く、前回の印象とは全く違いました。
治安も前より良くなったかなあ。

あと人なれしているネコさんが多く癒されました~

IMG-1945

IMG-1385

IMG-2309
この子、背中にもう一匹横を向いた黒いネコさんがいるように見えます。

さて、ブログをご覧のみなさま、年末年始等、バンコクへ行くような機会がありましたら、ビエンナーレの作品もご覧になってはいかがでしょうか?
見応え充分! 特にBangkok Art and Culture Centerは大充実です!

そして私はバンコクから日本へ帰国しましたが、山重ディレクターとスタッフ数名はタイ滞在から日本へ帰る暇もなく、今度は中国での展示のため旅立っていきました。

ネット事情が悪いためあまり情報が入ってきませんが、中国でも作家やスタッフが奮闘しているに違いありません!

中国では広州美術大学・広州53美術館との交流企画です。
以下の作家が参加しています!(敬称略)

東城 信之介
村上 郁
西岳 拡貴
本郷 芳哉
渡邊 智子
山田 悠
富樫 智子

無事な帰国を中之条で待っております!

(Oida)

チェンマイ×中之条『シンクロニシティ展』のご報告(2)

前回につづき国際交流プロジェクトのご報告です。

SYNCHRONICITY
Chiangmai × Nakanojo Exchange Exhibition
日程:11月22日~12月1日
11月21日 18:00~ オープニングレセプション
場所:チェンマイ大学アートセンター

11月21日にはチェンマイ大学アートセンターにてオープニングレセプションが開かれました。
IMG-1661
ゲストにはチェンマイ大学の学長、学部長、学科長、日本領事館から2名、ジャパンファンデーションから1名、そして100名を超える学生さんたちがお越しくださり、大盛況でした。

IMG-1659

IMG-1667

IMG-1670

IMG-1671

IMG-1675

IMG-1672
チェンマイ在住の日本人作家Makino Rieさんのパフォーマンスもありました。

作品を見ながら、絶え間なく作家さんへの質問が飛び交い
最後には声が枯れるほどしゃべり続けたという作家さんも。

IMG-1693

IMG-1678

IMG-1685

IMG-1684

IMG-1691

IMG-1698 (1)
無事オープニングを迎えられほっとしたのか、最後には作家さんがお茶目なポーズを。笑

以下はオープニングの前に撮った写真です。
IMG-1628

IMG-1634

IMG-1703

IMG-1635 (1)

IMG-1639 (1)

IMG-1627

IMG-1642

IMG-1621

IMG-1624

IMG-1626

IMG-1630

あえて、どれが誰の作品かは書きませんが、みなさん分かりますか?
ヒントは前回のブログにありますよ笑
因みにチェンマイの作家さんの作品も混ざってます。

さて、チェンマイ大学では”NAKANOJO”の名はすっかりお馴染みのようで
“NAKANOJO”の名前が世界に広がっていることを肌で感じ取ることができ、本当に良い体験をできたなーと思います。

IMG-1720
レセプション後、ホテルでのラウンジでのひとコマ。
ろうそくの炎の良い雰囲気の中語り合うタイと日本の作家たち。

チェンマイ滞在中は作家のみならず、私たちスタッフの送迎やホテルの手配や、
もう何から何までトイ先生はじめみなさんにお世話になりっぱなしで、
本当に感謝してもしきれないくらいのおもてなしを受けました。

トイ先生は私たちの顔見ると笑顔でまずこう聞いてきます。

“Are you Happy?”

何よりも私たちがチェンマイでの滞在を楽しんでいるかどうか、いつも気にかけてくれておりました。

「タイとの交流は言葉が不自由な分、心が見える交流ができる」
ビエンナーレのスタッフYさんの言葉ですが、本当にそうだなと深く感じました。

チェンマイのみなさま、本当にありがとうございました!
これは必ずや来年の中之条ビエンナーレ2019で恩返しせねばなりません!!

チェンマイでの滞在を終え、その後スタッフと作家2名はバンコクへ移動し、バンコクアートビエンナーレの視察へ出発したわけですが、また長くなってまいりましたので、そちらのレポートはまた後ほど!

(Oida)

チェンマイ×中之条『シンクロニシティ展』のご報告(1)

SYNCHRONICITY
Chiangmai × Nakanojo Exchange Exhibition
日程:11月22日~12月1日
11月21日 18:00~ オープニングレセプション
場所:チェンマイ大学アートセンター

IMG-1644

さて、今回はタイのチェンマイ大学と中之条ビエンナーレの国際交流プロジェクトについてのご報告です。

国際交流プロジェクトについて改めて説明しますと、
昨年の中之条ビエンナーレ2017ではチェンマイ大学の教授や若手作家ら4名がタイから中之条へ来て国際交流企画展に参加されました。

四万の第三小学校1階での展示を覚えていらっしゃいますか?

そして今年は中之条ビエンナーレ参加作家の中から5名がチェンマイへ派遣され、
滞在制作を行い地元の作家たちと共同の展覧会を開催いたしました。

こういった相互の交流が2013年から続いているのです。

46514471_269957476996834_8135841628372860928_n
右はチェンマイ大学のトイ先生。いつもファッショナブルで素敵。
左はタッチャイ先生。セルフィー大好きだとか笑。
真ん中は作家の倉本さん。

46479694_371147893625840_4679247911282802688_n

先日のブログでも少しご紹介しましたが、作家たちは11月上旬からチェンマイのタッチャイスタジオと呼ばれる、タッチャイ先生所有のスタジオで制作活動に励んでおりました。

制作の様子をちょっとだけ公開。

P1160027
P1160030
こちら嶋津晴美さん。と嶋津さんの制作をうしろから覗く地元作家のナッ君とノン君。

45752107_261977881334255_341854163828736000_n
_DSC6293
西島雄志さん。この後どのような作品になるのでしょう?

P1150689
_DSC6305
倉本弥沙さん。見た目から想像できない男前な仕事ぶり。

P1150757
P1150890
永井文仁さん。スタジオ滞在中はシェフとしての腕前も存分に発揮してくれた模様。

P1150668
IMG_6297
人見将さん。サボテンのとげに刺されながらも制作を楽しんでいたようです。

途中から山重ディレクター他、私たちスタッフも合流しました。
P1150983

そして11月21日にはチェンマイ大学アートセンターにてオープニングレセプション開催。

IMG-1661

長くなってきましたのでこちらの様子はまた後ほどご報告します!

(Oida)

会場決定に向けて&タイ・チェンマイ国際交流報告&飯沢康輔blog

中之条ブログをご覧のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?
11月に入った中之条は、例年と比較すると暖かいそうですが、やはり夜は寒いですね。

現在、われわれは中之条ビエンナーレ2019の作家会場決定に向け、「あ~でもない、こ~でもない、そーでしたっけ?」と日々会議におわれております。
年内には会場決定通知と参加同意書が参加作家のお手元に届くと思います!

さて、11月よりタイのチェンマイで行われる国際交流プログラムに日本から嶋津晴美、人見将、西島雄志、永井文仁、倉本弥沙の5名が参加し、現地での制作を始めております!
タイからの報告では、それぞれの名前をファーストネームで呼び合うなど、かなり現地では楽しんでいるようですね!

45560807_288690855090282_6800863164532523008_n45527656_175247806753272_1989460909143097344_n 45702864_350588125714675_3415522216148729856_n 45719560_203086830585232_2349507768458674176_n

 

われわれ事務局も後を追って12日よりタイに向かいます!

 

タイ以外でも、国際交流の報告で魅力的な記事を発見!

以前後報告させていただいたイギリスのAsia Triennial Manchester 2018、ポーランドのMediations Biennale 2018に参加した飯沢康輔さんのブログもリンクさせていただきます!

<飯沢康輔blog>
https://exuok.exblog.jp/27205620/?fbclid=IwAR0-jtCf-_PWnssD-C7IYZuy_fNUu5CDBEQFBKI68z-_M578_fqKvt_chmk

d0045159_00342937

 

 

nishitake

1泊2日の弾丸視察!新城、琵琶湖、六甲ツアー!!

IMG_1854

彼岸花が咲き始めた今日この頃、我々は1泊2日の弾丸視察ツアーに行ってまいりました。

目的は愛知、新城の『共同体のジレンマ』、滋賀の『琵琶湖ビエンナーレ』、兵庫の『六甲ミーツアート』です。
中之条出発は早朝3時30分。暗い中の出発になりました。

『共同体のジレンマ』
IMG_1857

会場は旧門谷小学校。木造の校舎を利用した展覧会で、校庭には鈴木孝幸さんの作品が設置されています。

IMG_1859

校舎内は美しい光が差し込み、心地よい時間が流れていました。作品も見応えのあるものばかりで、ゆっくりと一つ一つ味わうことが出来ました。

IMG_1866

外では大和由佳さんにグレープフルーツジュース(やはりWelch’sが一番だそうです)をご馳走になり、作品のお話しもお伺いできました。

新城の展示は空間に対して個々の作家が贅沢に、自由に存在していて、同時に共同体としての作家同士の配慮や気遣いも感じました。『共同体のジレンマ』色々と刺激をもらえたすばらしい展示でした。

『琵琶湖ビエンナーレ』

IMG_1870

個人的に大好きな関西弁が私の心を弾ませます。新城から一気に滋賀まで。会場に近づくと青いのぼりが見えてきました。街並みも魅力的で、作品も繊細で呼吸が細くなるような緊張感があるものや、思わず肩の力が抜けるような、緩急のある構成だったように感じます。下の写真は街中の…ウルトラ埴輪です。

IMG_1880

『六甲ミーツアート』
滋賀で一泊したの後、朝から六甲へ!
グネグネ山道をひたすらに登ると、ありました!オルゴールミュージアム!六甲の運営の方々からも貴重なお話しを伺えました。事務所の屋根が飛ばないように、中之条でも台風には注意しましょう。

IMG_1888

六甲には中之条にも参加していただいている鉾井さんの作品もあり、霧がすごかったせいか、ずっと雲の中を進んでいるかのような、幻想的な時間でした。木彫の猫の作品も、背伸びをしているくらいゆったりした時間でした。

IMG_1889

文章から分かるように、2日目は疲れ果てて、写真が少ない…でも本当に3ヶ所ともに素晴しい展覧会でした!

IMG_1894

最後は六甲から中之条までのロングドライブ。夕日がやけに眩しいぜ…

ぞくぞくと作家さんたちのプランシートも集まって来ております!10月9日プランシート締め切りです!お忘れなく!

nishitake

東大ゼミ生がやってきた!

ここ数日立て続けにブログをアップできている理由、、
それはずばり!オリエンテーションが無事終わり、スタッフにようやく心の余裕ができたからです(・o・)ゞ

そんな中、イサマムラにフレッシュなお客様がいらっしゃいました!
東京大学のゼミ生たちが中之条ビエンナーレの視察のためイサマムラにも立ち寄ってくれたのです。

その日は運よく作家の糸井潤さんがアトリエで作業されていましたので、糸井さんのアトリエを見させていただきました。

糸井さんは海外経験も豊富で以前は外資系の企業に勤めるなど華麗なる経歴をお持ちで、2017年に中之条町に移住してきて現在はフリーの木こりをしながら制作活動を行っている、なんとも振り幅の広い作家さんです。
IMG-0810

IMG-0809
作品もいくつか見させてもらえました。

その後彼らは中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」に移動。

我々スタッフも学生たちに便乗し、おじゃまさせてもらいましたー(笑)

2007年第1回の中之条ビエンナーレを始めた当時の中之条町長だった入内島さん、ミュゼの山口館長、そして山重ディレクターからそれぞれビエンナーレについての説明を受けました。

41056752_1059896987521180_3738590210204631040_n

40658715_262333247723817_5969219906749595648_n

その後の質疑応答タイムでは、学生たちから鋭い質問が飛び交っていました。

40766706_272511016918266_8844677876943945728_n

実は、スタッフもビエンナーレ立ち上げ当初のことは知らないことが多いのです。当時の頃の話はとても興味深く、改めてビエンナーレの歴史を聞く良い機会となりました。

学生のみなさま、先生、勝手ながら同行させていただきありがとうございました!

(Oida)

お見舞い申し上げます

この度の北海道地震、また日本各地で台風により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一刻も早いライフラインの復旧を祈るばかりです。

平成最後の・・・

「イサマムラ日記」

夏も終わり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

我ら事務局員は2019開催に向かってひた走っております。

少し遡り5月の頃
そんな合間に自給自足の一つでもしてみんとて

イサマムラ キッチンのベランダにていろいろ植えてみました。

イメージはStudio Olafur Eliasson The Kitchenに憧れつつ、、、

先ずは、実験程度に。

おすそ分けいただいたイネの苗

IMG_4567

そのほかにも、プチトマト、ナス、ルッコラ、バジル、タイム、ローズマリーを植えてみました。

そして、花壇もちょいと拝借して、、、

ディレクター山重からいただいた じゃがいも も、植えてみました。 

IMG_4573

収穫を楽しみに、8月の中旬ごろまでは、せっせと水やりしておりました。

が、しかし、、、みなさま、、、先のブログでご存知かと思いますが、

9月1、2日は中之条ビエンナーレ2019オリエンテーションが開催されました。

その準備に追われ、うっかり、、、ベランダの方々のことを忘れており。。。

今朝方、確認したところ。

IMG_4561

_人人人人人人人人人人_
> 平成最後の大飢饉 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

いやいや、天災ではなく人災か。。。

IMG_4560

あ 
めっちゃカリカリ。。。
今年は暑かったもんね。。。すまん。

IMG_4562
トマトも気の毒な状態に。

そんな中、3鉢の稲が生き残っているのを発見!!!
IMG_4566

IMG_4564

なんと!稲穂もつけておるではないか!

今後は大事に育てます。

収穫できるといいなぁ。

yama