BLOG

原口比奈子さん×伊参スタジオ

伊参スタジオ担当の茂木です!

5/27から4泊5日の日程で原口比奈子さんが
伊参スタジオに制作にきています。(写真左)

_DSC0070_

原口さんはレジデンスに滞在するのは
今回の中之条ビエンナーレが初めてとのことで
1日目は少し緊張されたご様子でしたが、
四万温泉に入ったり、自然の中をお散歩したり・・・
中之条町の空気を肌で感じながらの制作は順調のようです。

先ほど製作途中の会場にお邪魔させていただきましたが、
真っ白く塗られた教室が原口さんの手によって
独特の世界観へと染まり始めていました。

こうやって今年も少しずつ少しずつ中之条町が
アートで溢れていくんですね。

これからもわくわくした情報を
皆様にお届けできればと思います!

ショップ商品ちょっと公開!

こんにちは
ショップ担当の茂木です。

みなさんはこの生地を覚えていますか?

_DSC0003
中之条ビエンナーレのオリジナルファブリックです!

前回はあまりの人気ぶりにこのファブリックを使った商品は
会期前半には売り切れてしまいました。
再入荷を期待するお客様の声も多く頂いていたのですが・・・

なんと!中之条ビエンナーレ2015で晴れて復活いたします!

どんなアイテムができるか・・・
まだまだお楽しみです!!!

ちなみに、私をはじめ事務局メンバーはカメラ初心者ばかりで
山重ディレクターと師匠に教わりながら一生懸命勉強中です!

今後、アップされる写真のクオリティーにも目が離せませんね。笑

長野県の岡谷美術考古館にて講演会をさせて頂きました

岡谷講演会

長野県の岡谷美術考古館にて、県内の学芸員や館長さん向けに
「アートプロジェクトと地域デザイン」をテーマに講演をさせていただきました。

長野と群馬は養蚕や工芸など多くの共通文化がありますが、
いままで繋がりをあまり持てなかったので、これをきっかけに交流を深めていきたい思います。

帰りに立ち寄った「岡谷蚕糸博物館」も興味深い展示内容でした。

(山重D)

武藤卓さん × 中田木材

IMG_0150.JPG

中之条ビエンナーレ2015に向けて
作家さんの動きも活発になってきました。

さて昨日は武藤卓さんが中之条にいらしてくれました。
(作家情報はこちらを  http://www.mutohtakashi.com)

展示会場は中之条・伊勢町エリアの中田木材。

今回の訪問は前回の見学から少しの時間を経て
武藤さんが持ってきたイメージを実際の雰囲気の中で確かめたり
改めて中田木材さんの木にまつわるいろいろなお話を聞いたりといった目的でした。

なるほどなるほど。

こういったやりとりの中から作品が生まれていくのかと、
私は今結構すごい現場に立ち合っているんじゃないのか、
ふむふむと1人感慨深い気持ちに浸っておりました。

そんな中
「こんなものどこがいいのかねー。」
と中田木材さん。

ちょうど下の写真の建物。壁面の木は製品にはならないモミの木。
木材保管用の蔵で昭和20年くらいのものだそうです。

これも人の手では決してできない自然と時間がつくったアートなのかもしれません。

普段見慣れている方には普通に見えることでも
作家さんの目から見ると素晴らしいものに見える。

こういったことっていろんな場所にありそうな気がします。

こうして作家さんは地元の方から忘れられてしまいそうな伝統的なことだったり、
中之条の歴史だったりを聞いて、消化。
それが作品としてアウトプットされ新しい中之条の魅力となっていく。

なんだか中之条ビエンナーレの本質をみたような気がしました。

さて駄文長文失礼いたしました。

中之条町では本番へ向けてこんなストーリーがそこいらで勃発中。
中之条ビエンナーレはこうして順調に本番に向かって進んでいます。

今後ともどうぞお楽しみに。

神谷

5月になりました!

全国の中之条ビエンナーレファンの皆様!

なかなかブログが更新できず申し訳ありません。
ですが、事務局も遊んでいたわけではありません!

ご安心ください!
9月のオープニングに向けて着々と準備を進めております。

今日も事務局総出で六合エリア湯本家の大掃除をしてきました。
前回も前々回も素敵な作品が展示されたこちらの会場ですが、
実は敷地内に未開拓の建物が2つありました。

そして中之条ビエンナーレ2015では
新たにこの2つの建物が会場として登場します!

まだ詳細は秘密(?)ですが、
実行委員会は作家さんのより良い作品制作のために
日々汗水流して頑張っておりますよ!!!

これからはちょこちょこと作家さんの制作風景や
実行委員会の様子をアップしていきたいと思います。

image

やる気に満ち溢れる事務局ガール
茂木&吉田

【茂木】