ARTIST

対話型アート鑑賞ラボ

Interactive art viewing Lab
群馬

2021町民アートプロジェクトへ参加

Yoshiyuki Ito.Harumi Takahashi.Midori Hakoda.Hiroyuki Sakai.Hiroyuki Tozuka.Hiroaki Matsushima.

 

2017年秋、中之条ビエンナーレの親子むけ鑑賞イベント開催のために、対話型鑑賞のファシリテーションを学ぶささやかなグループが結成されました。それが「対話型アート鑑賞ラボ」です。メンバーは年齢も経験も仕事もバラバラ。とにかく対話型鑑賞の面白さと可能性に魅せられて、もっと勉強したいと考えた者たちが、学びの場を求めて吸い寄せられるように集まったのでした。

わたしたちが開催する対話型鑑賞イベントには、「カタローゼ」というキャッチフレーズがつくことがあります。これは2017年の活動開始以来の伝統?なのです。「語ろうぜ!」の駄洒落からきていると思われますが、命名の由来ははっきりしません。なんとなくラテンぽい?言葉の響きが気に入ったという説もありますし、群馬名物「からっ風」の音がヒントになって命名されたという説もあります。

 

In the fall of 2017, a small group was formed to learn the facilitation of interactive appreciation for the parent-child appreciation event of the Nakanojo Biennale. That is the “Interactive Art Appreciation Lab”. Members have different ages, experiences, and jobs. Anyway, fascinated by the fun and possibilities of interactive appreciation, those who wanted to study more gathered to seek a place to learn.

The interactive appreciation event we hold may have the catchphrase “catalose”. Is this a tradition since the start of activities in 2017? It is. It seems that it comes from the pun of “Let’s talk!”, But the origin of the name is not clear. Somehow Latin? There is a theory that he liked the sound of the words, and there is a theory that the name was inspired by the sound of Gunma’s famous “Karakaze”.

CV

2017年、中之条ビエンナーレのイベントの後は、各自がそれぞれの現場で経験を積みながら、群馬県立館林美術館、高崎市美術館などの対話型鑑賞イベントに、ファシリテーターやコーディネイターとして参加してきました。また月に1度程度の勉強会を行ったり、他の鑑賞サークルと合同でちいさなイベントを企画するなど、少しずつ活動の幅を広げています。

 

After the Nakanojo Biennale event in 2017, each of us has gained experience at each site and participated in interactive appreciation events such as the Gunma Museum of Art, Tatebayashi and Takasaki Museum of Art as facilitators and coordinators. In addition, we are gradually expanding the range of activities, such as holding study sessions about once a month and planning small events jointly with other appreciation circles.

ARTWORKS