ARTIST

石原 次郎

Jiro Ishihara 出身地:神奈川
活動地:埼玉

展示会場

中之条周辺で生み出されたものを複眼的視点で記録します。通常の撮影は、視点を一カ所にとどめる単眼撮影(ひとつのレンズに対し、ひとつの感光体)が一般的です。しかしこの手法で撮影された写真は、写真機と正対した一点のみが正面から写し取られます。そこで、私が提案する手法は、写真機を撮影対象物と常に正対させ、かつ細かく移動させながら撮影したものを後に合成するものです。鑑賞者が合成された写真に対して正面に立てば、たとえ写真の周縁部を正面に見たとしても、実物を前にしたのと同じようにように写真で再現できる点に、この撮影技法の特徴があります。中之条に伝わる伝統的な建造物の内外装や古道具をこの撮影方法で記録し再現することは、複眼を構成している個眼を複数並列に並べて世界を再記述する試みともいえます。有史以来、ヒトが見て来た世界とどのように異なるかを明らかにする写真になると期待しています。

 

The purpose of my project in Nakanojo Biennale is to record the products and nature around Nakanojo town from the point of view of a compound eye. Generally photographs are taken by just one lens. Using this photography method, only one point is recorded squarely in the camera.
The method I propose is;
1. The object is always confronting of the camera.
2. To shoot photos while moving the camera little by little.
3. Then to combine the photographs to make a collage.
When a viewer stands in front of the collage of photos, even though he sees the peripheral portion of the photo collage in front of him, the viewer can also see the photo like the real object without perspective.

 

武蔵野美術大学、IAMAS、Le Fresnoy卒業。武蔵野美術大学パリ賞受賞によりCite Internationale des arts(フランス)滞在芸術家。またUNESCO-Aschberg Bursaries for
Artistsの助成を受け、Civitella Ranieri
Center(イタリア)フェロー。都市におけるニュートラルな空間をモチーフに、写真・映像・平面作品を制作。マクドナルドを利用した人々のポートレイト集「McDonaldites」、地下鉄の車窓映像を繋げた「interMetro」などを発表。Ricardo
Fernandes Gallery(2016〜)。

 

Born in Kanagawa, Japan. He works in the field of the new media, which
are essential part of his investigation of the notion of “How do I
describe?” His works seeks a more intimate relationship with the viewer,
one involving all five senses. He studied at Le Lresnoy in Tourcoing,
France, 2001-2003 after he graduated from Musashino Art Univ., 1998 and
IAMAS, 2000. Ricardo Fernandes Gallery(2016-).

EXHIBITIONS

アーティストインレジデンス
2017 Archipelago Art Residency in Korpo(コルポ、フィンランド)
2003 Civitella Ranieri Center(ウンベルティデ、イタリア)
2000-2001 Cite Internationale des arts(パリ、フランス)

展覧会
2017 『Photo Independent Art Fair 2017』(THE
REEF、ロサンジェルス、アメリカ)
2016 『aestival 2016』(Cloître des Billettes、パリ、フランス)
2015 『中之条ビエンナーレ 2015』(湯本家住宅、中之条町)
2014 『La quatrieme image』(Espace des Blancs Manteaux、パリ、フランス)
2009 『都市的知覚』(トーキョーワンダーサイト、東京)
2008 『dans la nuit, des images』 (Gland Palais、パリ、フランス)
2007 『TERRITOIRES DE L’IMAGE』 (Galerie L’H du Siege、ヴァレンシエン
ヌ、フランス)
2006 『第9回岡本太郎記念現代芸術大賞展』(川崎市岡本太郎美術館、神奈川)
2004 『La Ville qui fait signes』 (Le Fresnoy、トゥールコワン、フラ
ンス)
2003 『Paysages persistants』(Le Fresnoy、トゥールコワン、フランス)
2002 『salon du prototype』(Le Fresnoy、トゥールコワン、フランス)

 

Artist in residence
2017 Archipelago Art Residency in Korpo (Korpo, Finland)
2003 Civitella Ranieri Center (Umbertide, Italy)
2000 -2001 Cite Internationale des arts (Paris, France)

Exhibiton
2017 “Photo Independent Art Fair 2017” (THE REEF, Los Angeles, USA)
2016 “aestival 2016” (Cloître des Billettes, Paris, France)
2015 “Nakanojo Biennale 2015” (Yumotoke house, Gunma, Japan)
2014 “La quatrieme image”(Espace des Blancs Manteaux, Paris France)
2009 “Perception and Urban Environments” (Tokyo Wonder Site, Tokyo Japan)
2008 “dans la nuit, des images” (Gland Palais, Paris France)
2007 “TERRITOIRES DE L’IMAGE” (Galerie L’H du Siege, Valenciennes France)
2006 “9th Taro Okamoto Art Awards” (Taro Okamoto Art Museum, Kanagawa Japan)
2004 “La Ville qui fait signes” (Le Fresnoy, Tourcoing France)
2003 “Paysages persistants” (Le Fresnoy, Tourcoing France)
2002 “salon du prototype” (Le Fresnoy, Tourcoing France)

ARTWORKS

  • 石原 次郎 ARTWORKS
  • 石原 次郎 ARTWORKS
  • 石原 次郎 ARTWORKS
  • 石原 次郎 ARTWORKS
  • 石原 次郎 ARTWORKS
  • 石原 次郎 ARTWORKS