ARTIST

行灯プロジェクト

The Paper Lantern Project
群馬

行灯プロジェクトは2011年からはじまった吾妻中央高等学校環境工学科コラボレーション企画です。

中之条ビエンナーレ2021では3年生32名とコラボレーションしました。
生徒達はそれぞれ異なった中之条ビエンナーレ2019の作品画像が手渡され、直接的な言葉ではなく、抽象的で曖昧な言葉で作品の説明文を考えていきました。その後、ペアになった生徒同士で作品の説明をし、言葉からイメージを膨らませ、作品を仕上げていきました。中之条ビエンナーレ2021のテーマである「知覚の向こうから – パラパーセプション -」のように生徒達は友達の知覚を借りることで、言葉・感覚の曖昧さ、直接画像を見れない不自由さを感じながら制作に励みました。(行灯鑑賞エリア:中之条市街地)

ファシリテーター:西岳拡貴
協力:ふるさと灯りの会事務局 観光商工課

 

The Paper Lantern Project started in 2011 as a collaboration between the Agatsuma Chuo High School Environmental Engineering Department and the Nakanojo Biennale. Each student received an image and explanation of artwork from the Nakanojo Biennale 2019 to think about. Afterward, students explained the work to each other in pairs, expanded the images from the words, and finished the artwork. Following the theme of the Nakanojo Biennale 2021, “From the Other Side of Perception – Paraperception-”students borrowed their friend’s perception and worked hard to create while feeling the ambiguity of words and sensations and the inconvenience of not being able to see images directly.

Facilitator: Hiroki Nishitake
Special Thanks: Furusato Akarinokai Office, Tourists Chamber of Commerce, and Industry Division
Lantern viewing area: Nakanojo Town Center