ARTIST

加藤 哲

Tetsu Kato
加藤 哲 出身地:北海道
活動地:東京

柔らかな画一的な形の素材を使い、それを増殖させ空間を埋めていく。接着時の強弱によって微妙なズレが生じ、少しの歪み、また更なるズレを修正してゆく一連の作業が中心となる。一見、画一的な形の連続だが、その中に僅かに息遣いが感じられるような作品を目指す。

I connect material of gentle uniform foam and fill the space. By the strength and weakness at the time of the combination, a distortion occurs there. A series of work to revise the distortion becomes important. Seemingly it is a series of uniform foam, but aims to create work you can feel breath.

CV

2006-07 グーテンベルク大学 マインツ美術アカデミ-(ドイツ)
1999-01 デュッセルドルフ美術アカデミー(ドイツ)
1998 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了

2006-07 Kunstakademie Mainz, Germany
1999-01 Kunstakademie Duesseldorg, Germany
1996-1998 Graduate School of Oil Painting, Tokyo University of the Art

 

2017 「ツナガリノモリ」中之条ビエンナーレ 旧五反田学校 中之条 群馬県
2016 「ゆらぎの風景」DMZ Pilgrimage International Art Festival 韓国
2015 「ゆらぎの風景」中之条ビエンナーレ 中之条 群馬
2014 「ゆらぎの風景」防風林アート 帯広 北海道
「ゆらぎの連鎖」 12 visual points 金沢21世紀美術館 石川
2011 「中心にある白」中之条ビエンナーレ 中之条 群馬
2007 「…3XKLINGELN!」Neustadt Mainz ドイツ
2002 個展「ゆらぎ/られつ」 ギャラリーPSY 銀座 東京
2000 「Das Wasser」 Musee de Saint-Paul de Vence フランス
1999 個展「ニュートラルな線」フタバ画廊 銀座 東京

個展 ギャラリー巷房 銀座 東京(’02 ’03 ’04 ’05 ’09 ’10 ’12 ’14 ’16)

 

2017 <Tsunagari no mori> Nakanojo Biennale,Gunma
2016 <Yuragi-no-Fuukei> DMZ Pilgrimage International Art Festival,Korea
2015 <Yuragi-no-Fuukei> Nakanojo Biennale,Gunma
2014 <Yuragi-no-Fuukei> Windbreak Forest Art Project, Obihiro, Hokkaido
<Yuragi-no-Rensa>12 visual points, 21st Century Museum Contemporaryart Kanazawa, Ishikawa
2011 <chushin-ni-aru-shiro> Nakanojo Biennale,Gunma
2007 <…3XKLINGELN!> Neustadt, Mainz, Germany
2002 Solo exhibition <Yuragi/Raretsu> Gallery PSY, Ginza, Tokyo
2000 <Das Wasser> Musee de Saint-Paul de Vence, France
1999 Solo exhibition <Neutral line> Futaba Gallery, Ginza, Tokyo

Solo exhibition, Gallery Kobo, Ginza, Tokyo (’02 ’03 ’04 ’05 ’09 ’10 ’12 ’14 ’16)

ARTWORKS

  • 加藤 哲 ARTWORKS
  • 加藤 哲 ARTWORKS
  • 加藤 哲 ARTWORKS
  • 加藤 哲 ARTWORKS
  • 加藤 哲 ARTWORKS
  • 加藤 哲 ARTWORKS