ARTIST

浅見 俊哉

Shunya Asami
浅見 俊哉 出身地:東京
活動地:埼玉

私は、ものを直接、感光面に置き一定の太陽光を当てることで写真を制作しています。私は影を見て様々なイメージを想像する人間の想像力を強く信じています。私にとって写真は日焼けです。「感光面に当たる光とものがつくる影が遮る光の差」で像を得るダイレクトな写真をつくっています。例えば、海水浴に出かけた時に海水パンツの跡が身体に写るそれは、私にとって最も身体性を感じる写真の一つです。こうした、カメラを用いず写真を制作する方法をフォトグラムといいます。代表作品にヒロシマの被爆樹木を2012年より毎年撮り続ける『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』があります。

私は、「つくること」と「つたえること」の両輪を持って活動する事が自分の芸術活動であると考えています。そうした考えから、制作者から鑑賞者への一方向のアートではなく、作品を通して相互に関わりの持てる「場」や「時間」をつくりたいと活動しています。

写真作品制作の他に、美術教育の視点や方法論を応用した造形ワークショップ、アートプロジェクトなどのフィールドワークも活発に展開。感光紙を用いて、身近な影を探して写し取る「影をつかまえる」、全身の影を撮影する「MAN-PRINT」などの写真ワークショップ、写真の原理を体験できる「カメラに入ろう!」や水面の連続写真の上を歩いて作品を体感する鑑賞ワークショップなどを開催しています。

 

Born in Katsushika, Tokyo in 1982,

The concept of my works is “Time and Memory” and also ”The relationship between absence and emerging. ”Photogram is the way for me to represent them.(Photogram is the way to taking photos without camera.)I place materials directly on photosensitive paper and burn it with sunlight to take pictures. I think that sunburn obtained when going out to swim is one of the most physical pictures.

I have been creating works on the theme of memory and time until 2004.I am a photographer working on a variety of projects, workshops and educational activities. I have already had some exhibitions in New York and several art museums in Japan.

My theme is to pursue the possibility of art, “What can art do ? ” My experimental workshops aim at understanding the principles of photography. I hold some kind of workshops which is “MAN-PRINT ” photographing shadow of the whole body by sensititized paper, “CATCH A SHADOW ” feeling shapes and shadow of familiar things , and “ON the PHOTOS ” walking on sequence photographs of the water surface. I started to publish a collection of photographs privately.

CV

文教大学教育学部美術専修卒業

Bunkyo University Faculty of Education of Art

 

1982年東京都葛飾区生まれ。
2004年より「時間」と「記憶」をテーマに写真作品を制作し始める
2006年、文教大学教育学部美術専修卒業
2008年、アートスペースKAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)を設立
2009年〜、SMF(サイタマミューズフォーラム)に参加。
2016年、「かがわ山なみ芸術祭2016」綾川町エリアキュレーター・「さいたまトリエンナーレ2016」SMF学校コーディネーター
2017年、電子書籍にて「呼吸する影 -被爆樹木のフォトグラム-」出版
2018年〜「さいたま国際芸術祭2020」市民プロジェクトコーディネーター

■主な作品発表歴
・「中之条ビエンナーレ2017」@伊参スタジオ(群馬・中之条町 2017年)
・「かがわ・山なみ芸術祭2016」 @(香川・綾川町 2016年)
・「呼吸する影−被爆樹木のフォトグラム−」@GalleryG(広島・中区 2015年)
・「MADE in GIAPPONE」@GALLERIA San FRANCESCO 他3つのギャラリー(REGGIO EMILIA・イタリア 2015年)
・「呼吸する影−被爆樹木のフォトグラム−」@旧日本銀行広島支店地下ギャラリー(広島・中区 2015年)
・「呼吸する影-Shadow of Bombed Trees-」@新宿ニコンサロン(東京・新宿区 2014年)・大阪ニコンサロン(大阪・大阪市 2014年)
・「Eternal Echo」@ A forest Gallery(NY・アメリカ2007年)
・「Mite!おかやま」 @岡山県立美術館(岡山・岡山市 2006年)

 

Born in Katsushika, Tokyo in 1982,

●Exhibition:「Shunya.Asami Exhibition」(Kawagoe City Art Museum 2006) ,「Mite! Okayama」(Okayama Prefectural Museum of Art 2006),「Eternal Echo」(NY・A-forest-Gallery 2007),「Kagawa Yamanami Art Festival」(MONOHOUSE 2013),「Shadow of Bombed Trees」(Nikon Salon 2014) ,「Breathing Shadow of Bombed Trees」(Former Bank of Japan Hiroshima Branch Underground Gallery & Gallery G 2015),「Nakanojo Biennale」(Isama studio 2017)etc.

●Workshop:「“Catch a shadow” Photogram workshop」in Moholy-nagy Exhibition (The Museum of Modern Art,Hayama 2011 & Kawamura Memorial DIC Museum of Art 2011),and (Nagano Prefectural Shinano Art Museum 2010, Kichijyouji Art Museum 2012) etc.

●Curation:Kagawa Yamanami Art Festival 2016 Ayagawa area(2016),Saitama Triennale 2016 SMF School(2016)

●Action:Machi Art Project (2006-2009),5750 Exhibition(Action of Art Education 2009-2011),Saitama Muse Forum(2009-),Collaboration with contemporary dancer (SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER 2012 ),「Matataki」(Natsuko Kuroda Yokohama dance collection 2012),「Image on the retina」(Ayaka Habata NIPPORI d-Souko 2014) etc.

ARTWORKS

  • 浅見 俊哉 ARTWORKS
  • 浅見 俊哉 ARTWORKS
  • 浅見 俊哉 ARTWORKS
  • 浅見 俊哉 ARTWORKS
  • 浅見 俊哉 ARTWORKS
  • 浅見 俊哉 ARTWORKS