ARTIST

中原 和樹

Kazuki Nakahara
中原 和樹 出身地・活動地:東京

演出家・劇作家・舞台監督・アクティングコーチとしての顔を持ち、多種多様な活動を同時に進めている。生演奏の音楽と芝居との融合、現代美術・舞踊・舞踏・他ジャンルとクロスオーバーするような舞台作品製作を続け、既存の枠組みに囚われない表現を創作する

創作の中では、リアリズム演劇の方法論を引用しながら、人間の観察と心理学の応用から真実の演技を導く方法を模索し、俳優がいかに「振る舞う」かではなく、いかにそこに「存在するか」を突き詰める。

日本人が古来大切にしてきた環境・感覚・感性に想いを馳せ、日本人としてのアイデンティティと記憶・原風景の繋がりをどう顕すかに基点を置き、作品創作を行っている。

 

Director, playwrite, stagemanager, acting coach,
Who is creating the stages which would not be categorized in already-existing framework doing the collaboration between some kinds of arts, which are not only performing arts.

In the creation, he requires the actors to find the way to EXIST on the stage, not to think of HOW to act using the method of the realism and also the essence of the psychology, in other words, he needs actors to be TRUE to themselves.

His emphasis on the creation is how to represent the connection between the identity as Japanese, the memory of ours and the primary image or the scenery.
This is to be achieved by focusing on the sense, the sensitivity, and the environment, which have been placed importance on in Japan.

CV

早稲田大学第一文学部卒業

Waseda Uni. Literature

 

2018年8月 大地の芸術祭2018 莇平演劇祭 作品創作
2018年7月 山梨県甲府に伝わる古典芸能をモチーフにした作品創作
2018年3月 小オペラ 清経 演出
2018年1月 宮沢賢治 銀河鉄道の夜 オリジナル朗読劇 創作

2018.8 The Echigo-Tsumari Art Triennial 2018, Azamihira theater Festival
2018.7 Original play creation- insipired by the traditional art in Kohu, Yamanashi
2018.3 Opera Kiyotsune  direciting
2018.1 Original play creation – inspired by Milky way ( Miyazawa Kenji)

ARTWORKS

  • 中原 和樹 ARTWORKS
  • 中原 和樹 ARTWORKS
  • 中原 和樹 ARTWORKS
  • 中原 和樹 ARTWORKS
  • 中原 和樹 ARTWORKS
  • 中原 和樹 ARTWORKS