ARTIST

DamaDamTal +

ダマダムタル プラス
DamaDamTal + 出身地・活動地:東京

ある日わたしは、実家近くの千葉の道路を歩いていました。
振り返ると後ろから祖母も歩いてきたので「転ばないでねー」と声をかけましたが、やっぱり転んで、側溝にはまって見えなくなりました。
慌てて駆け寄ると、97歳のとし子さんは5cmくらいの身長になって盃の中で溺れていました。
また慌てて盃の酒を飲み干すと、祖母も消えてしまったので、わたしはまた慌てて盃の中へ入っていきました。
その中は予想外にも白くフカフカの壁に覆われた部屋で、覚えのある酸っぱい空気、紛れもなくここはレモンの皮の内側なのでした。
仕方なく、レモンの皮の壁を
ちぎっては食べ、ちぎっては食べ…
苦い、酸っぱい…ちぎっては食べ…苦い、酸っぱい……ニガイ……スッパイ……ニガイ……スッパイ……
苦味と酸味が心地よくなったころ、
ふと顔をあげると子供のころよく連れて来られた喫茶店にいました。
窓ぎわの席でとし子さんがレモンを入れたコーラをストローで飲んでいました。

さて、現実の祖母とし子さんも97歳です。
彼女にはもはや、過去から現在に至る長い時間の境界は無く、此処と彼方の境界も限りなくあやふやであります。
それは彼女に残された最後の、しかし最高のエンターテイメントのようです。

DamaDamTal の本当の目的はここにあるのかもしれません。

夢から醒めるとき、眼が開いてフィジカルには夢の境界を越えていても、感情や感覚はまだ夢の中に取り残されるような経験は、誰にでもあるはずです。
わたしが推測するに、誰もがスマホを使う現代でも平安時代でも、この夢と日常の境界体験というのは変わらずあるのではないでしょうか?

この時代も年齢も超えた永遠のエンターテイメント、曖昧な境界世界の小さな違和感の旅に光をあて、映画や映像ではなく、リアルに体験する時間・空間を提供する事がどうやらDamaDamTal の作品のようです。

 

One day I was walking in the neighborhood around my house. I looked back, my grandmother came from behind.
I said “Be careful! Do not roll”
But she fell down and in to the gutter.
I rushed in a hurry, And then… she 97-year-old Toshiko who was now 2 inches, drowned in the cup.
I rushed in a hurry, I drank all of the cup’s liquor, but at the same time she also disappeared.
I rushed in a hurry, I went into the cup!
Unexpectedly, there was a white fluffy wall room, and a sour smell.I knew,I knew…I was in a lemon peel. I could not help myself,I ate the lemon peel walls.
A bite … bitter … sour …two bites … bitter … sour …three bites … bitter … sour …… bitter … sour …when bitterness and sourness became comfortable,I lifted my face.
And then …I am in a cafe that I often came with my grandmother when I was a child.My grandmother Toshiko is drinking cola with lemon elegantly.

And now “In reality” my grandmother Toshiko also 97 years old. She is now free to come and go,from far past to present, to far from here.
This is the last best fantasy left in her.

Apparently our work is that.

You open your eyes and the body awakens, but feelings and sensations are still in your dreams.
Have you experienced something like this?
I think…From the time Leonardo da Vinci was alive, until the present day of the smart-phone this phenomenon has not changed.

This is an eternal fantasy that jumps over the era and age.We would like to take you on a trip of the world with a vague boundary, trivial strange. Not a movie, not a picture, but just real.

“DamaDamTal” this is our aim.

CV

DamaDamTal : パフォーマー
みきたまき、大塚 陽 の2人により2016年結成。
2018年 黄金町AIR レジデンスアーティスト
2017年 中之条ビエンナーレにてパフォーマンス

木村元郁 : ポイパフォーマー
光を操るパフォーマンスで舞台やライブ等多方面で活動中。

Ritenutobytac : 衣装デザイナー
セントラルセントマーチンズ.チェルシーカレッジ卒。帰国後、アパレルブランドのファッションデザイナーを経験後、Ritenutobytacを立ち上げ、映画.cm.MV,舞台、ブライダルの衣装を手がける。

加々美真理子 : 織り
2003年 さをり織りに出会う
心の赴くままに糸をかたちにする

新村隆慶 : ヴァイオリニスト
ソロの他、夫婦でのユニットである”strings um” としても活動。オリジナルCD “scenes” を発売 (2016年)

新村康子 : 鶴田流琵琶奏者
ピアニスト、作曲家。strings umとしてCD “requiem”をプロデュース。

 

DamaDamTal
mikitamaki and Akira Otsuka
2018 Koganecho AIR Residence Artist
2017 Performance in Nakanojo Biennale

Motofumi Kimura
Poi performer.Acting on the stage and live at the performance with manipulating light.

Ritenutobytac
graduationed central saint Martins and chelsea college.
worked at japanese fashion brand after returning japan.
also, started to own fashion & costume brand ‘ Ritenutobytac’ that makes costume for film, MV, theater and bridal.

Mariko Kagami
Hand-weaver of “SAORI” since 2003.
She freely expresses her feeling by weaving.

takanori niimura
Violinist. “strings um” is a ensamble unit with his wife. His original CD “scenes” was released in 2016.

yasuko niimura
Japanese lute, Biwa player of the manner of Tsuruta. Pianist. Composer. As “strings um” she produced CD “requiem” in 2018.

ARTWORKS

  • DamaDamTal + ARTWORKS
  • DamaDamTal + ARTWORKS
  • DamaDamTal + ARTWORKS
  • DamaDamTal + ARTWORKS
  • DamaDamTal + ARTWORKS
  • DamaDamTal + ARTWORKS