ARTIST

塩出 麻美

Asami Shiode
塩出 麻美 出身地:愛媛
活動地:東京

生きているのだから、常に意識の斜め下あたりの、ドクドクした音を聞き続けています。
その「自分」という消せない存在。「他者」の存在。生物、物質がこの世界に在ること。
私はこの「存在」ということをテーマに絵画を制作しています。

それは、従来の絵画表現における、例えば「人が描いてあるから人が居るように感じられる」、といったものではありません。
実際に五感で感じられるような、極めれば   絵画自体が生きているような存在の表現です。
この「物質的には無い筈なのに、五感的には在る状態」を成立させる為に、平面に「+0.5次元の凸凹」の仮想空間を設定します。

それはキャンバスの目を立てる事であったり、あるコミュニティに作家が出入りする事そのものであったり、
鳥になって、その目で見る風景を、今度は蟻になって、その目で見る風景に重ね合わせる事であったりします。

このアクティブスペース(時間・空間がある)を①無限に拡大、②ある一様さにより「平面」に圧縮します。
絵画が重力から解き放たれた時、「存在の点滅・つながりの膜」の世界が生成されます。
絵画は「在る」と「無い」を瞬きの時間で行き来(点滅)し、言います。「私はここに居ます」、モールス信号のように。
そこは空気が立体的にあるわけでは無いのに、それでも拡がっており、縮んでいます。
止まっている筈の平面なのに、存在が点滅しています。平面は動きます。感動しているならば。

バーチャルリアリティの浸透、機械や人工知能によって置き換わる労働。
現実・虚実の境目が曖昧になる現代社会において、人には、自己や他者を実感として認識する必要性と、独自の発想で世界を展開する能力が求められています。
アートという切り口から、「存在とは何か」について提示します。

その尺度によって、制作は不定形の平面絵画  から、建築物・地域を含んだ大きな「  匣絵画  」、
パフォーマンスという 「 作者が出入りできる絵画」など、様々な形を取ります。

 

As We are alive, We keep hearing blood flowing oblique downward of my consciousness.
The “self” that cannot be erased out, the presence of “others” – Living creatures and materials exist in this world.
I create pictures with the theme of this “presence.”

That is not something like “you feel like having a person because that person is drawn” as in the conventional pictorial expression.
It is expression of presence as if a picture itself seems alive, when mastered, experiencing itself with someone’s five senses.
In order to establish “something not existing materially but being present in terms of five senses,” virtual place of “+0.5 dimensions’ convexoconcave” is set on the flat.

That may be catching a stitch on a canvas, an artist visiting a certain community on a regular basis, becoming a bird watching landscape overlapped with the same landscape which is then seen by an ant.

This active space (with time and space) will be (i) enlarged infinitely, and/or (ii) compressed into a unique “flat.”
When a picture is released from gravity, a world of the “blinking presence/film of association” is created.
The picture comes and goes between “present” and “absent” in a blink of an eye (blinks) and says, “I am here” like in Morse.
The air does not exist three-dimensionally but still enlarges and shrinks.
On the flat that should stand still, the presence blinks. The flat moves, if you are impressed.

Penetration of virtual reality and labor being replaced with machines and artificial intelligence.
In the modern society where the border between the reality and fiction blurs, people need to realize themselves and others and have ability to develop the world in unique ideas.
From the angle of art I will propose “what the presence is all about.”

Production varies, depending on its scale, from irregular plain paintings to large “boxed paintings” including buildings and areas or “paintings where an artist can come and go,” which is called “performance.”

CV

2017- 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期 在籍
2017 東京藝術大学大学院美術研究科修士 修了
2010 尾道大学大学院美術研究科修士  修了
2008 尾道大学芸術文化学部美術学科 卒業

2017- DFA, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2017 MFA, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2010 MFA, Onomichi University, Hiroshima
2008 BFA, Onomichi University, Hiroshima

 

個展
2011     pool  /鹿野アートサポートプロジェクト(鳥取)
2012     部屋の抽出  /光明寺會舘(広島)
2013     シオデノミ  /ネッツトヨタgallery(広島)
2014     匣人物 – シオデノミ2  /ギャラリーあづま(東京 銀座)
2016     Phase Transition – Existence of ON and OFF /gallery2(バングラデシュ ダッカ)
2017     存在の点滅・つながりの膜-シオデノミ3 /東京藝術大学修了展内(東京上野)
2017     シオデノミ4  /Gallery b. Tokyo(東京 京橋)
2018     (タイトル無し) /国立新美術館NAU展内個展(東京)
2018    透明な匣/東京藝術大学内マイクロギャラリー(茨城)

グループ展と企画(近年一部)
2017      対岸の雑草  /非公式地域アート (群馬 中之条町)
2017   芸大油画×浙江師範大学 交流展 /東京藝術大学内企画 (東京 上野)
2017   目と手のちょっと先 /せんびゃく堂画廊 (東京 上野)
2017 -2018  オル★テラ  -六本木縁日-  /非公式美術ナイト  妙善寺 (東京 六本木)
2017    HITAKIBA  /旧銭湯アート (東京 台東区)
2018  スイッチルーム /東京アートフェア内企画 東京国際フォーラム (東京 有楽町)

 

Solo Exhibition
2011 “pool” Art support project of Shikano,Totori,Japan
2012 “Extraction of room”Komyouji kaikan,Hiroshima,Japan
2013 “SHIODENOMI”netz TOYOTA gallery,Hiroshima,Japan
2014 ”BOX figure -SHIODENOMI2 ” gallery AZUMA,Tokyo,Japan
2016 ”Phase Transition – Existence of ON and OFF”gallery2,Dhaka,Bangladesh
2017”Existence of ON and OFF,Connecting membrane-SHIODENOMI3”
,Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions,Tokyo,Japan
2017”SHIODENOMI4”Gallery b. Tokyo,Tokyo,Japan
2018”(no title)”NAU exhibition,The National Art Center,Tokyo,Japan
2018”clear BOX” micro gallery,Tokyo University of the Arts,Ibaraki,Japan

Group Exhibitions & Festivals(Some of recently)
2017 “taiganNOzasso”informal Community-Engaged Art ,Nakanojo,Gunma,Japan
2017 ”GEIDAIYUGA x Zhejiang Normal University Exchange Exhibition”
The University Art Museum,Tokyo University of the Arts,Tokyo,Japan
2017 ”Before you catch a glimpse”SENBYAKU-DO gallery,Tokyo,Japan
2017-2018”oruter”MYOZENJI,Tokyo,Japan
2017”HITAKIBA”Art in the old public bath,Tokyo,Japan
2018”ART FAIR TOKYO 2018 Future Artists Tokyo-switch room”Tokyo International Forum,Tokyo,Japan

ARTWORKS

  • 塩出 麻美 ARTWORKS
  • 塩出 麻美 ARTWORKS
  • 塩出 麻美 ARTWORKS
  • 塩出 麻美 ARTWORKS
  • 塩出 麻美 ARTWORKS
  • 塩出 麻美 ARTWORKS