ARTIST

遠藤 研二

Kenji Endo
出身地:埼玉
活動地:千葉

私が芸術作品を創り出す行為の原動力は、人間文化における個人の大いなる遊び心を根本としている。美術とは美しさを求める行為であり、作家はその人間の欲求に忠実であることが重要であるから、ある意味人間社会においては忌み嫌われる存在かもしれない。しかしそういう存在こそが現代において必要なのだと私は信じている。大いなる無駄のない社会は、かつてのファシズムや共産主義のように疲弊して崩壊を招く恐れがある。
そんな考えではじめた芸術活動だが、私は私自身の芸術概念に「人類の希望」ということをテーマに選んでいる。私はかつての1960年代、米ソの冷戦時代に両国がその国威を現すために宇宙開発競争をしていた時代に生を受け、その「人類の希望」という『宇宙』がたびたび報道によりお茶の間をにぎわせていた時代に幼少期を過ごした。アメリカで映画『スターウォーズ』が世界的なヒットとなり映画大国アメリカを不動のものとし、日本でもそれに追従するかのように様々な内容のアニメーションがTVで放送され、今日の「アニメ大国日本」の礎を築いていた時代だ。世界中の人間がアポロ計画の映像に注目していた非常に夢のある時代だったと思う。しかし最近はこのような動きがあまり見られない。多様化社会化によって人々の興味が分散し、全人類が注目するような事項があまりないという現象が起きているためだと私は思う。アメリカが保護主義・米国至上主義で世界を巻き込み始めたため、人類の希望は失われつつある。そんな疲弊した社会の中、私は芸術こそが人類に希望を与えるものだと考え、微力ではあるが私自身が芸術活動をすることで人々が希望を持つきっかけになればよいと思い活動している。私の芸術概念は「人類の希望」であり、それは「人類の宇宙進出」にあると考えている。それゆえ私の作品は宇宙を連想させるものであり、宇宙の疑似体験(もちろん私自身体験したことはないが)できるものを制作しているのである。私はアメリカの帝国主義には反対の立場だが、アメリカのフロンティア精神は素晴らしいものであると考えており、私の作品を介して人々に宇宙への夢を持ってもらい人類の希望である宇宙開発を活発化するようなことになればよいと考えている。近未来に我々が宇宙旅行できる時代も近いと聞くし、人々が宇宙空間で生活するような時代が来るかもしれない。それが実現化したならば、私が芸術活動をする意味もなくなる。そういう状況になることが私の希望であるし、だからこそ私は芸術活動を続けていくのである。疲弊した社会を芸術が救うと私は考えている。そして人々は芸術に対してその期待があるからこそ、それこそが人間社会から芸術が無くならない理由のひとつであると言えるだろう。

 

The driving force of the act of creating artworks is based on the individual’s great playing spirit in human culture. Art is the act of seeking beauty, and it is important that artists be true to their own desires, so it may be abhorrent in human society in a way. I believe that such existence is necessary so much in modern times. It may cause collapse.
It is an artistic activity that I started with such a thought, but I have chosen my own artistic concept as “the desire of humanity” as a theme. I was born in the era when the two countries competed in the space development competition in order to reveal their national principles during the cold war era of the United States and the Soviet Union in the 1960s, and the “universe” of “hope of mankind” I spent my childhood in the era when I was busy. In the United States, the movie “Star Wars” became a global hit, immovable movie theater America, animation of various contents was broadcasted on TV as if it follows it in Japan, and today’s “animation power country Japan” It is an era when we lay the foundation. I think that it was a very dreaming era when people all over the world were paying attention to the image of the Apollo program.
However, these movements are not seen much these days. I think that the phenomenon that people’s interests are dispersed by diversified socialization and there are not so many items that all human beings are paying attention to is occurring. “The country of dreams” As the United States began to involve the world with protectionism and supremacy of the United States, the hope of mankind is being lost. In such a tired society, I think that art is the one that gives hope to human beings, and I think that it is good that myself should act as a trigger to hope by artistic activities though it is micro power There. My artistic concept is ‘Hope of mankind’, I believe it is in ‘advance of the universe of mankind’.
My art work is reminiscent of the universe, and it is making a simulated experience of the universe (although I never experienced myself of course). I am against the American imperialism but I think that the American frontier spirit is wonderful and I hope that people will have dreams of space through my works and the universe that human beings desire I think that it would be better to become more active in development. I hear that we are close to the time we can travel in space in the near future, and there may be times when people live in outer space. If that happens, there will be no meaning for me to do artistic activities. It is my hope that it will be such a situation, and that is why I will continue artistic activities. I think that art will save the exhausted society. And because people have that expectation for art, it can be said that this is one reason why art is not lost from human society.

CV

1995 愛知県立芸術大学大学院修了
1993 武蔵野美術大学卒業

1995 Graduated from Master’s Course of Aichi Prefectual Art College
1993 Graduated from Musasino Art University

 

1999 武蔵野美術大学「パリ賞」および国際交流基金の助成を受け渡仏
2000 ドイツ・ベルリンにて滞在制作
2001 アイルランド共和国にて滞在制作(2003・2005にも)
2005 アーティスト・イン・レジデンス『C. A. R. K. 』ディレクター
2006 イギリス・ベルファストにて滞在制作
2009 アメリカ・バーモントストゥーディオセンター・フリーメンアジアンアーティストスカラシップ受賞
2010 ポーラ美術振興財団「美術に関する国際交流助成」受賞
2010 文化庁新進芸術家海外研修制度研修員
2011 野村文化財団美術部門個人助成金 受賞
2012 川口市立ギャラリーアートアトリア新鋭作家展 優秀新人賞受賞
2014 若狭熊川まちなみ芸術祭ディレクター

1999 Grants in Musashino Art University [Paris prize] and The Japan Foundation
2000 Art work stay production in Germany
2001 Art work stay production in Ireland (2003 and 2005)
2005 The director of artist in residence { C. A. R. K. }
2006 Art work stay production in U.K
2009 Vermont Studio Center Freemen Asian artist Ferrowship IN U.S.A.
2010 Grants in Support of Art-Related International Exchange of POLA Art Foundation
2010 A member of Agency for Cultural Affairs rising artist foreign countries training system
2011 Nomura foundation are grant
2012 Grants in Kawaguchi Municipal Gallery Art atoria state-of-the-artist Exhibition “excellent Artist Award”
2014 Directer of Art project “Wakasa Kumagawa Townscape Art Festival

ARTWORKS

  • 遠藤 研二 ARTWORKS
  • 遠藤 研二 ARTWORKS
  • 遠藤 研二 ARTWORKS
  • 遠藤 研二 ARTWORKS
  • 遠藤 研二 ARTWORKS
  • 遠藤 研二 ARTWORKS