EmptyGarden - Hotel de Inmigrantes 5 -

Empty Garden

ブエノスアイレスのある港に「ホテル・デ・インミグランテス (移民ホテル)」という建物が実際に存在します。100年以上もの間、主にヨーロッパからアルゼンチンに来た何千もの移民を収容する為にその建物は使われました。その中には日本や中国からの移民も多くみられました。

そしてその建物の存在が、現在世界中至る所でみられる「移住」について考える国際的なプロジェクトを始動するインスピレーションとなりました。
我々は2012年ニューヨークでのスコープアートショーにて国際アーティストイベントを始動、その後ハッセルトにて"コスモポリタン ストレンジャー(全世界的なよそ者)"というプロジェクトをマニフェスタと平行して開催しました。2013年は別のものをハノーバーで、その後2014年はモンテビデオで開催。そして今年は中之条と、11月にはインドネシアのジョグジャビエンナーレと続きます。

今日のポストグローバル時代においては、移住が生涯をかけた決断である必要はありません。数百万の人々を、それぞれの目的のため、大陸間を移動させる旅客の動きは恐らく最も大きな産業のうちの一つであるといえるでしょう。移住とは物理的のみならず事実上のみでも起こりえます。
そこで、アイデンティティや自意識の喪失と獲得、または複数のアイデンティティを保持するという事に対しての疑問が浮上します。移住は主に東京やメキシコなどの大都市に向かっていく傾向が世界的にあるため、地方都市は忘れ去られてしまうという事がしばしばあります。

日本にはまさに具体的な状況があり、日本社会の平均年齢は45歳で農村などでは63歳に達する事もあります。中之条でのエンプティーガーデンプロジェクトは観念的な意味でそれに関連する所があります。美しい日本の自然はパラダイスですが、人口は減り続けています。群馬県中之条町はビエンナーレを通して観光客を呼び戻し、地域の活性化に成功しています。前回2013年に開催されたビエンナーレ会期中には累計35万人以上が来場しました。

我々インターナショナルアーティストはよそ者として、また一時の移民 "外人" として、新しいエネルギーをこの小さな街中之条、そして地方に持ち込みたいと思っています。私達はその新しいエネルギーを展示のみならず、地元の人達との協同的な活動やワークショップなどにおいて持ち込む、好奇心の強いよそ者でありたいと思います。地元の人達に私達の展示に参加してもらい、彼らのその知識や技術そして伝統を私達と共有して貰えたら嬉しいです。ガーデンが再び喜びで満ちるよう願っています。

EmptyGarden
キュレーター トマーシュ・ウェンドランド

There is a real building called Hotel de Inmigrantes in the harbour of Buenos Aires. For more than 100 years it was a quarantine centre for the thousands of immigrants who came to Argentina, mostly from Europe but very often from Japan and China too. It was the inspiration to create an international project which reflects on the continuing migration of human beings all over the planet.

We started international artists events in 2012 in New York on the Scope Art Show, later we organised a project called "Cosmopolitan Stranger" in Hasselt, as a parallel project with Manifesta. In 2013 we did another one in Hannover and 2014 in Montevideo. This time we meet in Nakanojo and in November 2015 in Indonesia as a part of Jogja Biennale.

Today in the post-global world migration does not have to be a decision for the rest of our lives. The touristic movement is perhaps one of the biggest industries shipping millions of people everyday, for different reasons, between continents. Migration does not have to always happen physically, but can be virtual as well.

There appears a question of losing and gathering a new identity, self consciousness, or having more than one identity. There is a global tendency of migration to big metropolis’, like to Tokyo or Mexico city, therefore villages often become abandoned.

There is a specific situation in Japan, the average age of Japanese society is 45 year old in a village it can be even 63. The Empty Garden project in Nakanojo in a poetic way relates to that. Beautiful Japanese nature is a paradise, but with less and less people. Nakanojo as a part of Gunma prefecture tries successfully to activate the region with the Nakanojo Biennale as a chance to bring back people in the form of tourism. There were around 350,000 visitors coming during the last edition of the biennale in 2013.

We as strangers, international artists, as temporary immigrants - “gaijin” - intend to bring a new energy to the small town of Nakanojo and the countryside. We want to be curious strangers, who will bring a new energy, in the form of not only an exhibition, but as well collaborative activities and workshops with the local people. We want them to participate in our exhibition, share with us their wisdom, skills and tradition. We hope that the Garden will be again full of joy.

Curator – Tomasz Wendland

ARTIST

  • エディ・プラバンドノ(インドネシア)Eddi Prabandono - Indonesia
  • ダニエル・ランダウ(イスラエル)Daniel Landau - Israel
  • コリーナ・クレバー(ドイツ)Corinna Krebber - Germany
  • リ・シャオフェイ+リズ・イエン(中国)Li Xiaofei + Lise Yuen - China
  • ジュアン・フォード(オーストラリア)Juan Ford - Australia
  • ノアム・ブラスラヴスキー(イスラエル/ドイツ)Noam Braslavsky - Israel/Berlin
  • マーク・シュミッツ(ドイツ)Marc Schmitz - Germany
  • ハロ・シュミット(ドイツ)Harro Schmidt - Germany
  • ヤチェク・スタニスシェフスキ(ポーランド)Jacek Staniszewski - Poland
  • トマーシュ・ウェンドランド(ポーランド)Tomasz Wendland - Poland
  • アンナ・ティチンスカ(ポーランド)Anna Tyczyńska - Poland
  • ヤチェク・ヤギエルスキ(ポーランド)Jacek Jagielski - Poland
  • スワヴォミール・ソブチャク(ポーランド)Sławomir Sobczak - Poland
  • アニータ・オスチ(ポーランド)Anita Osuch - Poland
  • ハンナ・オレーニク(ポーランド)Hanna Olejnik - Poland
  • 瀧田 りさ(日本)Risa Takita - Japan
  • 下条 賢一(日本)Kenichi Shimojo - Japan
  • 平野 晶広(日本)Akihiro Hirano - Japan
  • 大野 公士(日本)Kouji Ohno - Japan

Conference

  • トマーシュ・ウェンドランドメディエーションズビエンナーレディレクター
    EmptyGardenキュレーター
    Tomasz WendlandDirector of 4 Mediations Biennale Poznan 2014
    curator
  • 山重 徹夫中之条ビエンナーレ総合ディレクター Tetsuo Yamashigedirector of Nakanojo Biennale
  • 水沢 勉神奈川県立近代美術館館長 Tsutomu MizusawaDirector of The Museum of Modern Art, Kamakura & Hayama – Japan
  • 中野 仁詞ヴェネチア・ビエンナーレ2015 日本館キュレーター Hitoshi Nakanocurator of japanese Pavilion in Venice 2015
  • ドロリット・グル・アリエ(イスラエル)ペタク・チクヴァ美術館ディレクター・キュレーター Drorit Gur Ariedirector and curator
    from – Petach Tikwa Museum in Israel