国際交流プログラム

国際交流プログラム

中之条ビエンナーレでは日本国内だけではなく、海外のアーティストインレジデンスや展覧会等とパートナーシップを組み、オーガナイザーやアーティストを招聘しています。海外作家は国内作家と共にレジデンスで滞在制作を行い、中之条ビエンナーレ開催中は国際シンポジウムやトークイベントで交流を深めます。こういった交流は、作家同士での新しい展覧会の企画や、他のレジデンスへ参加するきっかけとなる等、更なる繋がりを生んでいます。

2013年には、ポーランド・ポズナン市で開催されているメディエーションズビエンナーレ(http://mediations.pl)のディレクターであるトマーシュ・ウェンドランド氏をはじめとする数名が、中之条町で滞在制作を行いました。翌年、中之条ビエンナーレからは参加作家の大野公士氏がメディエーションズビエンナーレに招かれ、国際的な交流プログラムが始まっています。

今回はポーラ財団の助成を受け、20名弱の海外作家を中之条ビエンナーレに招聘し、トマーシュ・ウェンドランド氏のキュレーションによる企画「Empty Garden -5th Hotel de Inmigrantes-」が開催されることになりました。その他、タイ・チェンマイのNacha Artists’ Residenceからは3名のアーティストが参加し、チェンマイと中之条の交流企画として「Chiang Mai × Nakanojo Exchange Exhibition」を開催、ブルガリアのWater tower art fest(http://watertowerartfest.com)からはディレクターのNia Pushkarova氏が滞在制作に訪れます。他にもイギリス、イタリア、台湾、イスラエルなど様々な国からアーティストが参加してアートを通じて芸術文化国際交流を行います。

回を追うごとに広がり深まっていく国際交流ですが、この度の企画がまた更なる交流の場をつくり 大きな発展を遂げることを期待しております。そして、今後も中之条ビエンナーレ参加アーティストのための国際交流の場を生みだし拡大していきたいと考えています。

総合ディレクター 山重徹夫

EmptyGarden -5th Hotel de Inmigrantes-

2013年より公式交流が始まったポーランド・ポズナン市で隔年開催されているメディエーションズビエンナーレ。同イベントのディレクターを務めるトマーシュ・ウェンドランド氏は、前回の中之条ビエンナーレ2013では招聘アーティストとして参加しました。今回はトマーシュ氏が世界各地で主催する「EmptyGarden -5th Hotel de Inmigrantes-」を中之条ビエンナーレの企画として開催します。

EmptyGarden »

Chiang Mai × Nakanojo Exchange Exhibition

チェンマイから車で2時間ほど北上した場所に、密林に囲まれたアーティストインレジデンスが点在する。普段はコーヒー農場の作業小屋として使用されているが、2013年に「Nacha Artists’ Residence」として、アジア各国のアーティストに開放し滞在制作が行われた。作品はチェンマイ市内のギャラリーで展示され、チェンマイ大学で参加作家を交えたシンポジウムが行われた。
今回は中之条ビエンナーレのレジデンスにチェンマイ大学の教授のパドゥンサク・コチャソムロン氏をはじめ、3名の作家を招聘した交流展「Chiang Mai × Nakanojo Exchange Exhibition」を開催します。中之条ビエンナーレを通じてアジアの美術振興に寄与することと思います。