BLOG

2017年まであと数日

2016年があと数日で終わり、
いよいよ開催年の2017年がやってくるとは信じられませんね。

中之条ビエンナーレのように2年で1周期の仕事をしていると
時間の流れが本当に早く感じます。

思い返せば6月に作家募集からの半年はあっという間でした。
特に中之条ビエンナーレ2017に参加が決まった作家さんにとっては
濃い半年になったのではないでしょうか。

なかには中之条町や中之条ビエンナーレをこの間に
初めて知ったという方もいるかもしれませんね。
オープンまでいよいよ9ヶ月ですよ!

ところでビエンナーレ終了後に作家さんの間でささやかれる
こんな言葉をご存知ですか?

「nakabiロス」

よく芸能人の結婚や、人気のテレビドラマが終了した時に使われる
○○ロスと同じ意味あいです(^^)

中之条ビエンナーレが終わってしまって寂しい、
中之条町に出かける機会が減ってしまってつまらない、
山の木々や澄んだ空が懐かしい、
美味しい空気と温泉が恋しい、
中之条町に遊びに行きたい・・・

例年、開催が終了した10月中旬から年末にかけて
必ずこの症状に陥る作家さんが多々いらっしゃいます。
時折、作家さんの他にも地域の方々や
熱心なファンにもこの症状が見られます。

中之条ビエンナーレを通してそんなにも
中之条町を好きになって頂けるって嬉しいことですね。

事務局としては「nakabiロス」の人口をどんどん増やして
中之条ビエンナーレの開催がない時でも
中之条町に足を運んで頂けるようにしたいものです。

来年の年末には1人でも多くの「nakabiロス」が増えるよう
精一杯頑張りたいと思います!

2016年、中之条ビエンナーレにお力添えくださったみなさまに
心よりお礼申し上げますとともに
2017年が中之条ビエンナーレに関わる全ての人にとって
実り豊かな年となりますようお祈りいたします。

dsc_7402_by-miho-nishikata

写真は年内最後の実行委員会にて撮影

みなさんとってもいい笑顔です。
2017年もこのメンバーで全力で駆け抜けます!

(戸部)

風花が舞う季節

中之条町は毎日、寒い日が続いておりますが、
それだと春までブログの書き出しが全て一緒になってしまいます。
何か別のことを考えなくてはなりませんね。
…次回までに考えておきます。

さてさて、本格的に滞在制作が始まるのは春からですが、
冬の間も作家さんがリサーチに訪れています。
先日は都内にお住まいの作家さんがお越しくださいました。

何の気なしにお話しをしていてふっと通じない言葉がありました。
みなさんは「風花」という言葉はご存知ですか?
「かざはな」と読みます。
(地方によっては「かざばな」とも読むそうです)

作家さんに自分なりの解釈で説明すると初めて聞いたと…。

もしや標準語と思いこんでいる方言なのかもしれない!
と、調べてみましたがやはり標準語でした。

「風花」
晴天時に雪が風に舞うようにちらちらと降ること。
あるいは山などに降り積もった雪が風によって飛ばされ、
小雪がちらつく現象のこと。
からっ風で有名な静岡県や群馬県でよく見られる。

なるほど!
そもそもこの現象自体が東京では珍しいのかもしれない!
と2人で納得してしまいました。

中之条の方、群馬の方は
「知らないわけないだろう」と思うかもしれません。
でも、知らないものは知らないんですよね。
その作家さんが今まで出会う機会のなかった言葉だったのでしょう。

なんだかその方の世界を少し広げたようで
ちょっと嬉しいような誇らしいような気持ちになりました。

「風花が舞う」って、
冬の訪れと雪の降る前触れを知らせる美しい言葉だと思いませんか?
もう楽しい冬が今にも始まりそうでとってもワクワクしませんか?

ぜひ皆さんも機会があったら「風花」使っていきましょう!

それではさっそく
風花が舞う四万温泉の情緒ある景色を…

img_4103

・・・なかなか風花の写真を撮るのは難しいですね。
機会があれば再チャレンジいたしますのでお楽しみに。苦笑

先日、ビエンナーレではすっかりお馴染みの作家さんから
「ブログ読んだよ」と嬉しいお声をいただきました!
誰が読んでいるのだろうと言い続けてきましたが、
作家さんまで読んで下さっていたとは・・・
身が引き締まりますね(*_*)

作家の皆様!!!!!

年明けごろから徐々にみなさんのご紹介や
制作状況なんかもお伝えしていきたいと思います!
お声がかかった作家さんはご協力よろしくお願いいたしますね(^^)

(戸部)

あら、気がつけば12月

久しぶりの更新となってしまいました…。
何事も継続するというのは難しいものですね。
そう考えると10年以上かけて地域に根差してきた
中之条ビエンナーレってすごいな!と改めて実感いたします。

この1ヶ月、何も事務局は遊んでいたわけではありません!
中之条ビエンナーレ2017にむけた
非常に重要な会議が繰り返し行われていたのです!!

それは・・・
各作家さんの展示会場を決める会議です!

9月29日~10月2日の日程で作家オリエンテーションが開催されましたが、
作家さんは自分が展示したい会場を第三希望まで選びます。

希望会場と作品のプランの提出期限が11月6日。
そこからが事務局は大忙し…。

全員が違う会場を希望して下されば苦労も有りませんが
もちろんそんなことはあり得ません。
予期せぬ会場に希望が殺到したり、
素敵な場所なのに希望者がいなかったり…。

それらを取りまとめるのですが、それがもう大変!

AさんとBさんの第一希望が一緒で、
でもBさんの第二希望はCさんが希望していて、
Cさんを動かすと今度はDさんの希望が通らないし、
別の会場を提案してみるのも手だけど、
Aさんをこっちに動かすとここが空いて…

それはもう終わりのないパズルです。

「どの会場で誰が展示をするか」
それは事務的に片づけてしまえばすぐに片付くことかもしれません。

でもでも!
中之条ビエンナーレ2017全体の雰囲気に関わる非常に重要な案件です!
作家選考と同じくらい、むしろそれ以上と言ってもいいくらいです。
そしてせっかく中之条町で展示をしていただくからには
気に入った会場で全力を出し切って頂きたいわけです。

例え希望が通らなかったとしてもご要望をお聞きし、
時にはこちらの提案をお伝えし、
ご納得いただけるように話し合いを重ねます。

まさに「芸術祭を作っている」と実感する時間ではありますが、
なかなか根気のいる作業です。

調整はいつまでも終わりません…(;_;)/~~~

そんなわけでブログでの情報発信がおろそかになってしまいました。
今日は言い訳のような内容でお送りしてきましたが、
ここで無理やり季節の話題でも…

11月24日、関東全域で雪が降りましたが
中之条町でもしっかりと積りました!

すっかり冬の中之条町をご覧ください。

≪朝8時頃≫
img_4011

≪お昼に役場の会議室から≫
img_4012

11月中にこんなに降るのはとても珍しいです。
例年ですとしっかりと積るのは12月下旬ごろでしょうか。

毎回驚くほどふわっとしたブログですが、
中之条ビエンナーレ2017をいろんな角度からお楽しみいただけるよう
情報を発信していきたいと思います!

引き続きご愛読をよろしくお願いいたします!

(戸部)