ARTIST

田村吉康 + マルファ・ヴァシリーヴァ

Yoshiyasu Tamura+ Marfa Vasilieva 田村吉康
出身地:群馬
活動地:イタリア、オランダ、フランス、ポーランド、モロッコ、スイス、イギリス、日本 等

マルファ・ヴァシリーヴァ
出身地:ウクライナ
活動地:ウクライナ、オランダ 等

展示会場

田村吉康

フクシマから5年、チェルノブイリから30年の、この節目の年に、
私は新たなアートプロジェクトを、
ウクライナの写真家、Marfa Vasilieva と共に始めたい。

ウクライナと日本は、全く違う文化を持ちながら、
原子力発電所事故という体験を共有している。
これからも長い間、住む場所を追われ、
払拭できない健康不安を抱えて生きなければいけない人々は、
いかに心の安息を見出せばいいのか。
そこには、文化の違いを超えた、
人類に普遍的な共通点があるかもしれない。

日本には、アニミズムと、ヤオヨロズの神々がある。
ウクライナにも、キリスト教以前の、多神教の文化が色濃く残る。
古来より、人は神話を作り、神々や理想郷に思いを馳せた。
それは、厳しく辛い世界にありながらも、
心に希望を持つために必要なシステムだったはず。
そのシステムは、これからの時代、ますます必要になるだろう。

しかも、ここで言う神々とは、どこか遠い世界にいる神ではなく、
実は、人それぞれの心の中に、見つけることができるのではないか。
神話は人々の心の軌跡であり、理想郷は人々の希望の結晶であり、
信仰は、自身の心を見つめることでもあるはずだから。

私は2014年に、McQ Alexander McQueenとコラボレーションし、服の上に多くのドローイングを描いた。
その経験を踏まえ、今回は、人々の肌の上に直接ドローイングを行い、
それをMarfa Vasilievaが撮影、写真作品として発表したい。
ドローイングのテーマは、日本やウクライナの神話をモチーフとして始めたい。

理想郷を求める心は、たとえ現実の世界がどんなに汚れても、
決して消えることはないはずだと、私たちは考え、
このコラボレーションを、日本の古い神話にちなみ、「高天原プロジェクト」と名付けた。
このプロジェクトを通じて、日本とウクライナ、両者に共通する、心の救済のシステムを探し、問いかけ、示したい。

希望を捨てないために

 

It has been 5 years since the Fukushima nuclear disaster, 30 years since Chernobyl’s. Because of this commemorative year I decided, together with Marfa Vasilieva, a Ukrainian photographer, to start a new art project.
Ukraine and Japan, while being culturally completely different, share one important experience. The experience in surviving through a nuclear power plant disaster. How should the people who have been forced to leave their homes, faced with continuous health risks, find peace of mind? If there is a connection, it exceeds cultural explanation. Perhaps there exists a universal element that unifies mankind.
In Japan there is the belief of animism, a belief there are 8 million gods. Prior to Christianity, Ukraine was also polytheistic, and this belief is still present. From ancient times, people have created myths, longing for gods and paradises. It was a mechanism that was necessary for the soul in order to cope with the cruel and hard world. And now, in this day and age this mechanism seems to become more and more important again.
However, gods that we discuss here, are not gods who reside in some distant world. In fact, it is possible to find one in each person’s heart. Myths are born from the path of the heart, paradises are the fruits of human hopes, faith is to look at one’s own heart.
In 2014 I collaborated with McQ Alexander McQueen, where I drew on clothes. Building on that experience, this time I will draw directly on people’s skin. The theme of the illustrations will be the mythology of Ukraine and Japan. Marfa Vasilieva will capture tangible hope on the body’s surface. We will present and share our art collaboration as a photo exhibition.
We believe that the heart that longs for paradise, no matter how awful reality is, should never disappear. Which is why we have named our collaboration project after the old myth of Japan: Takamagahara. With this project we would like to show that Japan and Ukraine find each other in similar circumstances, searching for a system of comfort.
In order to never give up hope.

 

マルファ・ヴァシリーヴァ

人はいつも、自分自身や、自分の可能性を疑ってしまう
命が永遠ではないことを知らずに

永遠は、自身への啓示と、信仰の瞬間のなかに有る… 欲望と夢の瞬間に、心への道 ーそれへと続く初めの一歩を踏み出す瞬間に。
輝く瞳、優しい心とともに、誠実な衝動の瞬間に ー真実が生まれた。
魂の結晶は、素晴らしくて力強いが、清められ、守られなければならない

魂の力強さ、愛と欲望が都市を、偉大な傑作を、科学の発展を作り上げ、天才と、同時に恐ろしい悲劇も産んだ…
人類の可能性は偉大であり、私達の中にある神の火花だけが、山を動かし、戦いを勝利へと導く

私たちは、私達の中にある、独特な火花と魔法とともに有るとき、神である
タカマガハラプロジェクト ーこの地上に有る楽園ー すべての人は神。

 

People often doubt themselves, in their ability, but never thinks that life is not eternal, and eternity is in the moment of revelation to himself, in a moment of faith… in a moment of desires and dreams, in a moment where a person makes the first step towards a long road called – The Way of Heart.

In a moment of sincere impulse with shining eyes and tender hearts – the truth was born.

The crystal of the soul great and powerful, but it needs to be clean and cared.

The strength of the spirit, love and desire created cities, incredible masterpieces, the invention of science, gave birth to geniuses, it also eliminated the terrible tragedies.. Human potential is great and only the spark of Divine in everybody of us was moving mountains and winning wars.
We are Gods with our own unique set of sparks and magic.
Project Tagamahara – Paradise on earth – every man is a God.

EXHIBITIONS

田村吉康

日本画と西洋絵画の伝統的な画法を独自に習得しながら、マンガ家としての経験と技術を活かした独特な人物造形やテーマ設定、ストーリーテリングの妙味が作品に強力な表現力を与える、新進気鋭のアーティスト。

ヨーロッパ中世のイコンを基礎概念に置きながら、日本の古典文化等から着想を得た作品を、時には他分野とのコラボレーションなども行いながら制作する希有な作家。

1977年、群馬生。

高校在学中よりマンガを描き始め、「月刊少年ジャンプ」誌上にて2003年にマンガ『筆神』(JUMPCOMICS、集英社)を連載。マンガ家としての活動と平行して、多くのメディアへのマンガやイラストの提供、絵画作品の発表も精力的に行う。
2011年に村上隆氏の主宰による「日本画ZERO」展(Higari Zingaro、カイカイキキ)へ出品したことを契機に、海外のアートフェアへの作品出展を開始。バーゼル(スイス)、台北(台湾)、ロサンゼルス(USA)、ニューヨーク(USA)等にて作品出展。
近年は世界各地での作品発表の傍ら、当地のイベントやマンガ学校などからの要請によるワークショップも開催し好評を博している。日本のマンガやイラストの技術を伝えるとともに、現代日本のマンガ文化やポップカルチャーについての研究的論考の発表も行う。

2014年にはフィレンツェのメディチ・リッカルディ宮殿で個展を開催するとともに、ロンドンのファッションブランド「McQ Alexander McQueen」2014秋冬レディースコレクションにデザインを提供。
2015年には、POW WOW JAPAN(天王洲アイル)、アングレーム国際マンガ祭(フランス)にて巨大壁画をライブペイント。
現在オランダ在住。2017年11月、新宿高島屋で個展開催予定。

 

Born in Gunma, Japan, in 1977.

Since high school he has been involved with drawing cartoons and soon for a contract with the publisher Shūeisha. In 2003 his first manga, Fudegami (JUMPCOMICS, Shūeisha) was published on a very popular monthly again called “Gekkan Shōnen Jump”. Besides for drawing mangas he also works as a painter, inspired by Western style, and in 2008 he had his first personal exhibition titled “Genesis – Paintings by Yoshiyasu Tamura” at the Daimaru department store.
In 2011 he has exhibited his works at the “Nihonga ZERO” (Higari Zingaro, Kaikaikiki), an exhibition under supervision of Takashi Murakami. At that time he started to exhibit out of Japan., at art fairs. In the same year, starting from Mexico City, took part at several exhibitions abroad, including Basel, Taipei, Los Angeles, and New York, Poznan, Mexico City. In 2013 he has been invited to cultural events in Siena, Lucca, Lisbon and had a European tour of his works.

As he has published his works in various countries, in recent years he has received several invitations to hold his workshops in festivals and comic schools. His workshop always see large participation. In 2014 he had a personal exhibition at Palazzo Medici-Riccardi in Florence. He has worked with the fashion brand “McQ Alexander McQueen” for the woman winter collection 2014. Tamura has surely a bright future ahead, both a mangaka and as a painter.

 

マルファ・ヴァシリーヴァ – 写真家

1986年シベリア生まれ。ウクライナ人。現在アムステルダム在住。
「女性の自己認知のためのフォトセラピー」という独自の方法論を開発し、発展させている。
「私の仕事は夢から生まれました。
子供の頃から、社会性と対人関係は、私にとって大きな意味を持っていました ー私はコミュニケーションと、人々の多様性を愛します。地球に住む全ての人はユニークで、それが世界の無限性を生むのです。私にとって、写真に向かない人などいません ー全ての人は美しく、その心は深く広いのです」

 

Marfa Vasilieva – Ukrainian photographic artist
Creator and developer of a patented methodology of work with women – “Photo-therapy as a means of female self-cognition”
Born in 1986, in Siberia.
“My profession started from a dream. Since childhood social and interpersonal skills meant a lot to me – I love communication and many different people. Each person living on Earth is unique, and it makes the world infinite. There are no unphotogenic people for me – all people are beautiful, each person with his or her own heart, depth and view”.
2006 – Exhibition “Collage/Decollage” with Alina Kapitsa – Kiev
2007 – Marfa Vasilieva – display of photographs – Kiev
2012 – Exhibition “Origins: there’s something greater in us than just organic memory” – Kiev
2013 – “Fairy Tales” – display of paintings Amsterdam
2014 – 7 Madonnas of Maydan 7madonnas.com – online-exibition
2015 – CLOUD PHOTO GROUP SHOW Amsterdam

ARTWORKS

  • 田村吉康 + マルファ・ヴァシリーヴァ ARTWORKS
  • 田村吉康 + マルファ・ヴァシリーヴァ ARTWORKS