ARTIST

古屋 崇久

Takahisa Furuya 出身地:山梨
活動地:東京

展示会場

小さな地域の問題から社会情勢、未来への可能性など、普段気にかけなくても余裕で生きていけるでしょ!
的な事柄を鯖の骨(または秋刀魚の骨)のようにノドに詰まらせるパフォーマンス、インスタレーション作品を発表している。

 

You can live with affordance, even though you do not usually care about the small area problem, social situation, the possibility to the future!
Performance and installation work that clogs things like a mackerel bone (or mackerel pike) with noods is announced.

EXHIBITIONS

2016 .09 六甲ミーツ・アート芸術散歩2016 / 六甲オルゴールミュージアム / 兵庫・神戸
2015 .09 中之条ビエンナーレ2015 / 中之条町内 / 群馬・中之条
2014 .11 木津川アート2014 / 木津川市内 / 京都・木津川

 

2016 .09 Rokko Meets Art 2016 / Rokko Music Box Museum / Hyogo・Kobe
2015 .09 Nakanojo biennale 2015 / Nakanojo town / Gunma・Nakanojo
2014 .11 Kizugawa Art 2014 / Kizugawa city / Kyoto・Kizugawa

ARTWORKS

  • 古屋 崇久 ARTWORKS
  • 古屋 崇久 ARTWORKS
  • 古屋 崇久 ARTWORKS
  • 古屋 崇久 ARTWORKS
  • 古屋 崇久 ARTWORKS
  • 古屋 崇久 ARTWORKS