ARTIST

中村Mather 美香

Mika Nakamura-Mather
中村Mather 美香 出身地:群馬
活動地:オーストラリア

2011年の東日本大震災後、五十嵐太郎氏は次のように語っている。

「数十年や百年、あるいは巨大津波が起きる千年に一度といった時間のスケールは、人間にとって残酷だ。いずれ風化し、忘れてしまう。だからこそ、客観的な数字による[記録]ではなく、感情に訴えるような[記憶]も必要ではないか。そのときこそ、人類が生み出した最強の記憶装置であるアートは力を発揮するだろう。」(あいちトリエンナーレ2013、「大地が揺れるとき」芸術監督 五十嵐太郎著エッセイより抜粋)

私は、母国である日本を離れオーストラリアに在住している。そのため、多くの日本人が精神的に打ちのめされたこの大震災から逃れられた。しかし、この大震災は、私の制作コンセプトである「家」や「所属」を考えるうえで大きな影響を与えた。そして、私自身のアイデンティティを理解するための文化的、感情的な結びつきを考え直させ、「家」や「所属」のもつ価値や意味を見直すきっかけを与えくれた。さらに、全ての人々にとっての「家」と呼べる場所の必要性、その重要性を見直す機会ともなった。

私が制作に使用している特定素材である木材も、制作コンセプトを探求するうえで大きな鍵となっている。木材ほど象徴的に日本文化を表現できる素材は少ないのではないか。日本では、個人住宅の土台や骨格が木材で造られてきて、寺社で見られる金メッキや漆器でつくられている神彫像や、伝統的な下駄までもが木材でできている。木材は、日本の生活全般に不可欠な素材なのである。

私の作品に反映されている海外在住という私自身の環境も、「家」や「所属」をコンセプトとした制作のモチベーションとなっている。海外移住から単なる休暇で新しい場所に身をおくことまで、「家」に関する過去の諸々の記憶は、我々の現在の場所を評価する物差しになっている。これらの記憶にまつわってさまざまな感情が喚起されるが、その感情の強さは、母国(または「家」と呼べる場所)から離れている年月、ある特定の場所に感じるつながり、「家」についての我々の理解を定める文化的な要因、そして個人的な記憶の時間的/空間的な関連性によっても異なる。

私は、モノ作り、組み立てのプロセス、そしてサイトスペシフィック・インスタレーションアートや伝統的な手法などを通して、私の作品の鑑賞者が自身と自身の「家」との関係のベースとなる特異な記憶へのより深いつながりを自覚し、その記憶への理解を深め、そして「所属」という個人的な感覚を呼び起こすことを目指している。

2019年2月 中村メイザー美香

 

In the aftermath of the 2011 Great East Japan earthquake and tsunami, Taro Igarashi wrote:

‘At some point memories of the disaster fade and are eventually forgotten. It is therefore necessary for us to keep a record based not just on objective numbers but on the senses. And in that respect, art, the greatest memory device ever developed by the human race, wields a great deal of power.’ 

Awakening – The Catalogue of the Aichi Triennale 2013 

As a Japanese national living and working in Australia, I was shielded from the devastating physical effects of the earthquake and tsunami by distance. But the effect it had on my concept of home and belonging was immense. It caused me to reconsider and re-evaluate the cultural and emotional bonds that lie at the heart of understanding my identity and to reassess the importance and meaning of everyone’s need for a place to call home.

My choice of primary material is key to this exploration. Few materials speak of Japanese culture as powerfully as wood. From the solid framework of a family home to the gilded and lacquered statues of deities worshipped in temples and shrines to the traditional wooden shoes called geta that are worn with the kimono, wood in all its forms has always been an integral part of Japanese life. 

The personal circumstances that inspire my work are equally fundamental: home and belonging are concepts that we can all relate to. From living and working in a different country to simply taking a holiday and finding yourself in a new location, past memories of home are the yardstick by which we measure our place in the present. The strength of those responses depends on many factors, such as the length of time spent away from home, the connection we feel to a particular location, the cultural markers that define our understanding of home, and the relevance of our personal memories. 

Through the processes of object making, assemblage, installation and traditional techniques, my practice explores the relationship between the materials I choose to use and the way they are influenced by, and in turn bring an influence to bear on, an emerging sense of home and belonging. 

Mika Nakamura-Mather 

CV

東京、ロンドンでの広告代理店勤務後、2003年よりオーストラリア在住。

学歴
2017 グリフィス大学、クィーンズランドカレッジオブアート(オーストラリア ブリスベン)にて博士号取得
2012 グリフィス大学、クィーンズランドカレッジオブアート(オーストラリア ブリスベン)にてFine Art Honours 卒業
2011 グリフィス大学、クィーンズランドカレッジオブアート(オーストラリア ブリスベン)にてFine Art Painting 卒業

Mika Nakamura-Mather DVA, BVA (Hons First Class).
Mika has lived in Tokyo and London, where she worked for major, global advertising agencies. She has been a resident of Australia since 2003, living in both Sydney and Brisbane. She is a graduate of the Queensland College of Art, Griffith University.

Education
2017 Doctor of Visual Arts (DVA), Queensland College of Art, Griffith University.
2012 BA Visual Arts (Hons First Class), Queensland College of Art, Griffith University.
2011 BA Visual Arts, Queensland College of Art, Griffith University.

活動歴

主な個展
2019.11−2020.2 -タイトル(TBC)Artspace Mackay(オーストラリア・ クィーンズランド州マッカイ)
2018 – The Year Round Window, Onespace Gallery (オーストラリア・ブリスベン)
2018 – The Floating Word, Caboolture Gallery(オーストラリア・ クィーンズランド州)
2017 – Japanory, 遊工房アートスペース(東京)
2017- The Floating Word, Webb Gallery/ Project Gallery QCA Griffith University
(オーストラリア・ブリスベン)
2015 – The Silent Sadness of Decay Theory, Bosz Gallery(オーストラリア・ブリスベン)
2014 – Fragments, Webb Gallery, Griffith University(オーストラリア・ブリスベン)
2013- Performing Home, Woolloongabba Gallery (オーストラリア・ブリスベン)

主なグループ展
2019 – 中之条ビエンナーレ2019, 群馬
2018/2019 – Linden Postcard Show, Linden New Arts(オーストラリア メルボルン)
2017 – 国際アート展トロールの森 東京都立善福寺公園
2016 – St Andrew’s War Memorial Hospital Art Prize 2011 – 15 – St Andrew’s Hospital, (オーストラリア ブリスベン)
2016 – Souvenirs from Elsewhere – Woolloongabba Art Gallery(オーストラリア ブリスベン)
2015 – Fohn,東京藝術大学(東京)
2014/ 2015 – St. Andrews War Memorial Hospital Art Prize Winners Group Show
(オーストラリア ブリスベン)

レジデンス
2017. 10-11 遊工房アートスペース(東京)
2015.4-7 東京藝術大学大学院

受賞歴
2016 Merit Award, Moreton Bay Art Awards (オーストラリア)
2015 3rd Prize, Brisbane Recycled Art Prize (オーストラリア)
2012 Winner, St Andrew’s Art Prize (オーストラリア)
2012 Finalist GAS Show (オーストラリア)
2009.2010,2011 Griffith University Award for Academic Excellence (オーストラリア)

出版
The Floating Word, Exhibition catalogue. ISBN: 978-164007194-0
Souvenirs from Elsewhere, Exhibition catalogue. ISBN: 978-1-925455-243
St Andrew’s War Memorial Hospital Art Prize 2011 – 15, Exhibition catalogue.
ISBN: 9781925455281
St Andrew’s War Memorial Hospital Art Prize 2011 – 13, Exhibition catalogue.
ISBN: 9781922216502

Selected Solo exhibitions:
2019 – As yet untitled solo exhibition Nov-Jan, Artspace Mackay, Queensland, Australia.
2018 – The Year Round Window, Onespace Gallery, Brisbane, Australia.
2018 – The Floating Word, Caboolture Gallery, Queensland, Australia.
2017 – Japanory, Youkobo Art Space, Tokyo, Japan
2017- The Floating Word, Webb Gallery and Project Gallery, QCA Griffith University, Brisbane, Australia.
2015 – The Silent Sadness of Decay Theory, Bosz Gallery, Brisbane.
2014 – Fragments, Webb Gallery, Griffith University, Brisbane, Australia.
2013- Performing Home, Woolloongabba Gallery Brisbane, Australia.

Selected Group exhibitions:
2019 – Nakanojo Biennale 2019, Japan.
2018/2019 – Linden Postcard Show, Linden New Arts, Melbourne.
2017 – Trolls in The Park International Art Festival, Tokyo.
2016 – St Andrew’s War Memorial Hospital Art Prize 2011 – 15 – St Andrew’s Hospital, Brisbane.
2016 – Souvenirs from Elsewhere – Woolloongabba Art Gallery, Brisbane.
2015 – Fohn, Tokyo University of the Arts, Japan.
2014/ 2015 – St. Andrews War Memorial Hospital Art Prize Winners Group Show,Brisbane, Austrlaia

Residencies:
October – November, 2017. Two months at Youkobo Art Residency, Tokyo.
April – July, 2015. Four months at Tokyo University of the Arts (Geidai)

Awards/prizes:
Merit Award, Moreton Bay Art swards, 2016.
3rd Prize, Brisbane Recycled Art Prize, 2015.
Winner, St Andrew’s Art Prize, 2012.
Finalist GAS Show, 2012.
Griffith University Award for Academic Excellence, 2009,2010,2011.

Publications:
The Floating Word, Exhibition catalogue. ISBN: 978-164007194-0
Souvenirs from Elsewhere, Exhibition catalogue. ISBN: 978-1-925455-243
St Andrew’s War Memorial Hospital Art Prize 2011 – 15, Exhibition catalogue.
ISBN: 9781925455281
St Andrew’s War Memorial Hospital Art Prize 2011 – 13, Exhibition catalogue.
ISBN: 9781922216502

ARTWORKS

  • 中村Mather 美香 ARTWORKS
  • 中村Mather 美香 ARTWORKS
  • 中村Mather 美香 ARTWORKS
  • 中村Mather 美香 ARTWORKS
  • 中村Mather 美香 ARTWORKS
  • 中村Mather 美香 ARTWORKS