ARTIST

自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子)

Jiten Kouten(Natsumi Ito + Haruna Itadani + Kudo Akiko)
自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) 出身地:伊藤→愛知 板谷→岡山 工藤→埼玉
活動地:東京

展示会場

伊藤 夏実の作品は、重力や摩擦と言った普遍的な力関係をテーマとしている。流転する状況や物事が絶えず動き続けることによる緊張感を見つけ出したいと考えている。
2つ以上の物体同士の干渉により生まれたアンバランスな状態を解消するために運動が発生し、双方の力が調整される。それは一見すると静止している状態にあるが、それらの中には振動するようなごくわずかな運動が常に存在している。各力のバランスを取るために物同士がうごめいており、いわば動的な均衡状態になる。
以上のような微細な振動を繰り返すことで安定を保っており、止まっている物体も状態も存在しない。なぜなら物体は、常に外部・内部から発せられた何かしらの力に干渉されており、それらの働きがなくなることは決してないからだ。

板谷 春奈は木や枝を1つの命として捉え、その生命を描く。
我々にとって木は、時には癒しとなり、時に敬意を抱き、時に愛情を生み、時に無意識の中へ溶け込む、隣人のような存在である。
対して木々は、誰に対してもどんな時も平等である。
そこに余計な感情はない。
人が木々に癒しや安心感を抱くのは、古来から同じ地の上で共存してきた関係であること、また、長い人生の移り変わる様々な出来事の中、いつどんな時でも地の上で物言わず、ただただ強く生きるだけの木の在り方を見て励まされるからだろう。
これからも続いていく木と人の関係、その生命の持つ力はいつも人を魅了する。

工藤亜希子は母親と子の関係性に関する作品を制作している。大学の卒業制作のテーマは“私の中に常に存在する母親の死に対する恐怖や慕情といった感覚”、大学院の修了制作は“投影 母と娘の関係性”。その時の感情や思考をもとに、油絵の他に入浴剤や随筆集を制作する等、その時の感覚にあう素材を探し、自分の内側の思いに適した表現か常に考え制作している。
自分の経験や内的な思考を基にした制作に加え、新たに他者へのインタビューを行い、精神分析的な表現を探りたいと考えている。自分の経験や内的な思考を基にした制作に加え、他者の親子関係からも時代性を映した作品を作っていく。

公転とは互いの重力に引かれ合う同心円状の運動だ。同じ対象を中心として巡る複数の運動体。重力、自然、人間という異なるテーマを引き合わせることで生じる運動体を提示したい。

 

The works of Natsumi Ito feature the theme of universal power relations called gravity and friction.
Natsumi Ito wants to find out the feeling of strain by constant movements of
changing situation and things, Motions occur to cancel an unbalanced state produced by the interference between objects, both powers are adjusted.
The  objects seem to be in stationary state, but very few vibrations always
exist in them. Things move to balanced each power, they are in the dynamic balanced state, so to speak. Objects keep stability by repeating these minute vibrations, stopping objects and states don’t exist .
Because the objects are always interfered by some emitted power from outside or inside, and those works never disappear.

Haruna Itadani takes trees and branches as a single life and draws the life.
To us, trees are like neighbors, sometimes healing, sometimes honoring, sometimes affectionate, sometimes melting into subconscious.
On the other hand, trees are equal for everyone at any time.
There is no unnecessary emotion there.
It is a relationship that where people have been healed and reassured by trees in that coexisted  on in the same place since ancient times, and among the various events that change in a long life.
At any time in the world without speaking It seems we are encourage by just  looking at the way  trees  live strongly.

Akiko Kudo produces the artwork about the relationship of mother and the child. The theme of the graduation production of the university is “I always sense such as fear and the affection for the death of mother”. And completion production of the graduate school is “The relationship of projection mother and the daughter.” I produce a collection of bath bomb and essays other than oil painting and it is expression suitable for thought of one’s inside or always thinks and based on feelings and thought at that time, produces it in search of material in accord with a sense at that time.
I perform the interview to others newly and want to investigate psychoanalysis-like expression. In addition to production based on experience and an internal thought, I make the work which I projected times characteristics on from the parenthood of others.

The revolution is concentric circle-formed motion attracted by object each other’s gravity.
The plural moving things which rotate mainly on the same.
We want to show the moving things which grows by comparing called gravity, nature, the human being the different theme .

CV

伊藤 夏実 / Natsumi Ito
2019 女子美術大学 大学院博士前期課程洋画研究領域卒業
2017 女子美術大学 洋画専攻 卒業

2019 Graduation from M.A. Painting subject ,Joshibi University of art&design
2017 Graduation from B.A. Painting subject ,Joshibi University of art&design

個展
2017 「動くものと動かないものとの境界も、力の中心も無数にあるのではないか。」TWS-EMERGING 2017  /トーキョーワンダーサイト本郷

グループ展
2018 「3pieces」/黄金町スタジオ(黄金町八番館、1-1スタジオG)
2018 「パララックス」/3331アーツ千代田 スペース101、B104
2017 「Artists in FAS 2017」入選アーティストによる成果発表展/藤沢市アートスペース
2017 「ギャラリーへ行こう2017」/数寄和ギャラリー
2016トーキョーワンダーウォール公募2016入選作品展(TWS渋谷、東京)
第52回神奈川県立美術展(神奈川県民ホールギャラリー、横浜)

賞歴
2018 第54回神奈川県美術展 入選
2017 ギャラリーへ行こう2017 入選
2016  トーキョーワンダーウォール審査員賞(今村有策)、
トーキョーワンダーウォール賞、(トーキョーワンダーウォール公募 2016、東京)
美術奨学会記念賞(第52回神奈川県美術展、神奈川)
入選(ターナーアワード2016、東京)

アーティスト イン レジデンス
2017 「Artists in FAS 2017」/藤沢市アートスペース

solo exhibition
2017 Innumerable Boundary Lines between Movable Things and Immovable Things,and the Centers of Powers TWS-EMERGING 2017/ TWS Hongo, Tokyo

Group exhibition
2018 3pieces/Koganecho town studio
2018 parallax/3331arts Chiyoda
2017 Artists in FAS 2017 Result announcement exhibition by the chosen artist /
Fujisawa city art space
2016 Tokyo Wonder Wall 2016 (Wonder Site Shibuya, Tokyo)
The 52th Kanagawa art award(Kanagawa Hall Gallery、Yokohama)

Prize
2018 hosen the 54h Kanagawa art award
2016 Tokyo Wonder Wall Prize &
Tokyo Wonder Wall Jury Prize (Tokyo Wonder Wall 2016, Tokyo)
Art Scholarship Foundation Memorial prize,(the 52th Kanagawa art award、Kanagawa)
chosen (Turner Award 2016,Tokyo)

Artist in residence
2017 Artists in FAS 2017/ Fujisawa city art space

 

板谷 春奈 / Haruna Itadani
2017 女子美術大学 洋画専攻 卒業

2017 Graduation from B.A. Painting subject ,Joshibi University of art&design

2017 5 美術大学連合卒業・修了制作展 国立新美術館

2017 40th joint graduation exhibition 5art universities in Tokyo

 

工藤 亜希子 / Akiko Kudo
2019 女子美術大学 大学院博士前期課程洋画研究領域卒業
2017 女子美術大学 洋画専攻 卒業

2019 Graduation from M.A. Painting subject ,Joshibi University of art&design
2017 Graduation from B.A. Painting subject ,Joshibi University of art&design

賞歴
2017 女子美術大学卒業 卒業制作優秀賞受賞
2016 東京工業大学より大学院生命理工学研究科長賞
2014 女子美奨励賞受賞

グループ展
2018 coil 展(洋画研究領域博士前期課程 1 年生による展示) アーツ千代田 3331
2017 5 美術大学連合卒業・修了制作展 国立新美術館
2016 彩の会 女子美術大学同窓会 埼玉支部作品展 埼玉県立近代美術館 2/9-14
2015 「じょしびっこ」デザインフェスタギャラリー原宿 west 2c 8/14-16
2015 女子美祭洋画専攻 3 年展
2014 点々展(女子美祭洋画専攻 2 年展)
2013 女子美祭洋画専攻 1 年展
2013 女子美術大学付属高等学校卒展 東京都美術館

海外研修
2018 イギリス Loughborough University Arts, English and Drama コースに 2 ヶ月間留学
2015 女子美術大学スプリングスクール 美術・語学研修(アメリカ・ニューヨーク)1 ヶ月間
2013 年 女子美術大学付属高等学校 美術研修旅行(フランス・パリ)1 週間

Group exhibition
2018 parallax/3331arts Chiyoda

Prize
2017 Joshibi University of art&design graduation production excellence prize
2016 Tokyo Institute of Technology Art Prize
2014 Joshibi University of art&design Prize for encouraging reputation

ARTWORKS

  • 自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) ARTWORKS
  • 自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) ARTWORKS
  • 自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) ARTWORKS
  • 自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) ARTWORKS
  • 自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) ARTWORKS
  • 自転公転(伊藤夏実 + 板谷春奈 + 工藤亜希子) ARTWORKS