ARTIST

アンジェイ・ワシリエフスキ

Andrzej Wasilewski ポーランド

展示会場

<ポーランド 国際交流企画展>に参加。

腐敗の裏側
一ヶ月の間、腐敗の過程をビデオに収めた。煌びやかなサテンの上に並べられた果物。官能的で食欲をそそる。果物、例えばりんごは活力や生命の源といったシンボルでいっぱい。しかし、その全ては腐り、時間の経過とともに消える。命の循環。灰から灰、塵から塵へ。しかし、デジタル操作や医療の発達により、これらは停止され元に戻されたりする。時間の経過を操る神になるため、時間の道筋を浸透させる。

„behind rottenness”, video
Objective video recording of the rotting process taken over a one month period. A beautiful still life arrangement of fruit on shiny satin. Sensual and appetising. Fruits, for example apples are full of symbols: vitality, food as a source of life. But everything rots, subject to the passage of time, vanishes. The circle of life – ashes to ashes dust to dust. But due to digital (and soon medical) manipulation this process can be stopped, turned back or even played by itself. To become a god changing the passage of time, osmosis of time ways.

ARTWORKS

  • アンジェイ・ワシリエフスキ ARTWORKS